タグ:デムーロの記事一覧

競馬騎手.com

競馬の騎手についてのまとめです。騎手データや騎手の2ch記事などを独自の観点で作り込んでいます。

タグ:デムーロ

中山競馬場芝1200mのデムーロの成績で注目すべき件

中山競馬場芝1200mのデムーロの成績で注目すべき件
デムーロのタグが付いた記事|競馬騎手.com

中山競馬場芝1200mのデムーロの成績で注目すべき件

 

 

今週、中山競馬場芝1200mの重賞オーシャンSが開催されます。

 
 

デムーロ騎手、中山競馬場芝1200m全データ

 

全成績
9-6-1-25/41
勝率ー連対率ー複勝率
(22%ー36%ー39%)

 

Mデムーロ騎手-重賞成績

 


 

勝利しているのが全部3番人気以内っていうのがうーん。

 

 

スポンサーリンク




中山競馬場の予想が熱いサイト

うまコラボ

この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題にわずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)

デムーロの単勝1倍で8連敗

デムーロの単勝1倍で8連敗

デムーロの単勝1倍で8連敗

3e03072f.jpg

1:2016/06/26(日) 20:25:20.87 ID:

6/11 単勝1.9倍 3着(アメリカントップ)
6/11 単勝1.9倍 2着(ダノンシーザー)
6/18 単勝1.7倍 3着(サトノホルス)
6/18 単勝1.7倍 2着(エックスマス)
6/18 単勝1.7倍 6着(ラヴァーズポイント)
6/19 単勝1.6倍 2着(タニノアーバンシー)
6/19 単勝1.7倍 2着(クイーンズリング)
6/26 単勝1.9倍 2着(ドゥラメンテ)

JRA記録(2年5ヶ月かけて達成)

田中勝春
12/5/12 東京2R 1.9倍 2着
12/6/24 福島10R 1.6倍 4着
12/6/24 福島12R 1.7倍 4着
12/9/15 中山10R 1.9倍 2着
13/1/6 中山1R 1.5倍 6着
13/8/18 新潟6R 1.9倍 3着
13/10/5 東京8R 1.8倍 3着
13/12/8 中山8R 1.9倍 11着
14/2/23 東京9R 1.7倍 2着 ← クラリティシチー
14/4/19 中山7R 1.6倍 3着
14/6/7 東京9R 1.8倍 2着
14/10/4 新潟5R 1.8倍 5着

16:2016/06/26(日) 20:36:39.92 ID:

>>1
俺が複勝にぶっこんだのだけ6着て・・・
19:2016/06/26(日) 20:40:29.09 ID:

>>1
やっぱり勝春がjraで一番下手くそだったんだな。デムーロも同類だったんだな
86:2016/06/27(月) 00:28:59.58 ID:

>>1
勝春ゴミすぎる
12連敗のうち5回が馬券外w

この記事の続きを読む

デムーロのメインレースの結果がやばい|宝塚記念2016年

デムーロのメインレースの結果がやばい|宝塚記念2016年
デムーロのメインレースの結果がやばい|宝塚記念2016年

宝塚記念の追い切りが22日、東西トレセンで行われた。美浦ではドバイ遠征から帰国初戦となるドゥラメンテがWコースで力強い動きを見せた。サトノクラウンを相手に先行して併入だったが、上々の仕上がりだ。栗東ではCWコースで悠々と先着したラブリーデイ、坂路でシャープに伸びたアンビシャスの2頭が、サンケイスポーツ調教評価で最高ランクの『S』を獲得した。枠順は23日に確定。馬券は25日から発売される。

内に秘めた闘志は、以前の“荒々しい”男のまま。昨年の2冠馬ドゥラメンテが、力強い動きを披露した。

「ここまで状態を見極めながらおおむね順調にきています」

動きを見届けた堀調教師が穏やかな表情で態勢が整ったことを伝えた。

追走してゴール前で並びかけるのがこの馬の調教パターンだが、今回はWコースでサトノクラウンを先導する形でスタート。最初はフワフワした走りだったが、鞍上のゴーサインに反応し5ハロン68秒7、3ハロン39秒0-12秒5の好反応で、相手に合わせるように併入した。

前走のドバイシーマクラシックはレース直前に右前脚を落鉄。蹄鉄(ていてつ)を打ち直すことができず、はだしで出走して英国のポストポンドの2着と悔しい思いをした。調教師は3カ月間、慎重に状態を見定め、1週前追い切りに騎乗したMデムーロは「すごくよかった。遠征の疲れもなくて、ちょっと大人になっていた」と好感触を得ていた。

遠征のダメージを取っている間に、皐月賞、ダービーで負かしたキタサンブラックが天皇賞・春を制し、ファン投票で1位を獲得。今の日本の中距離戦では、先行するキタサンと差すドゥラメンテの再戦は最高のマッチアップだ。「今回は内回り。4コーナーでいいポジションにいたい。キタサンブラックは前。ドゥラメンテのイメージは決まっている」と、ジョッキーは本番を見すえる。

「ドバイでの落鉄は偶然ではないと思うので、次に生かして勝ち馬(ポストポンド)との差を少しでも詰めていきたい」

秋に挑戦が視野に入る凱旋門賞(10月2日、仏シャンティー、GI、芝2400メートル)で、ドバイの雪辱を願う堀師。そのためにも宝塚記念でドゥラメンテが日本最強馬であることを証明してくれるはずだ。 (柴田章利)

日付 開催 レース名 馬名 性別 年齢 人気 着順
160619 阪神 米子S クイーンズリング 4 1 2
160618 阪神 天保山S ウォータールルド 8 5 7
160612 東京 エプソムG3 フルーキー 6 3 2
160611 阪神 安芸S1600 ベック 5 5 12
160605 東京 安田記念G1 ロサギガンティア 5 5 9
160604 阪神 鳴尾記念G3 パッションダンス 8 4 4
160529 東京 日本ダービー リオンディーズ 3 4 7
160528 京都 朱雀S1600 ジルダ 4 9 16
160522 東京 優駿牝馬G1 ビッシュ 3 5 3
160521 京都 平安SG3 ロワジャルダン 5 2 10
160515 東京 ヴィクトG1 クイーンズリング 4 5 8
160514 東京 京王杯スG2 ロサギガンティア 5 2 3
160508 東京 NHKマG1 ティソーナ 3 4 17
160507 東京 プリンシ ショパン 3 1 15
160417 中山 皐月賞G1 リオンディーズ 3 2
160416 阪神 アンタレG3 サージェントバッジ 4 5 3
160410 阪神 桜花賞G1 ジュエラー 3 3 1
160409 阪神 阪神牝馬G2 スマートレイアー 6 2 1
160403 阪神 産経大阪G2 ラブリーデイ 6 1 4
160402 阪神 コーラル ノボバカラ 4 3 1

スポンサードリンク



競馬スピリッツ
もう有名過ぎて、無料会員になっていない人居ない?
当てまくる軸馬w
300x250

リオンディーズ|やっぱりG1ではデムーロ

リオンディーズ|やっぱりG1ではデムーロ
リオンディーズ|やっぱりG1ではデムーロ
 

 ターフライター・平松さとし氏がレースのキーマンに迫る「The Keyman」は、皐月賞にリオンディーズで挑む角居師を直撃した。

 ――リオンディーズは中山に輸送となった前走(弥生賞2着)でプラス4キロの500キロ。

 角居師 あくまでも本番は今回なので前走に関しては少し余裕残し。気持ち太かったかと思います。

 ――レースは前半少し掛かるそぶり。

 流れがなかなか速くならなかったこともあり、少し力んでしまいました。

 ――それでも直線、一度は抜け出した。

 勝ったかと思うシーンもありました。ただ、前半で行きたがっていた分、最後の最後でつかまってしまった感じです。

 ――レース後は?

 特に疲れもなく、反動もありませんでした。負けたのは残念だったけど次のG1に向けては良い内容の競馬ができたと感じました。

 ――中間の調整は?

 使われて良くなってきたし、本当に順調そのもの。具合は良さそうです。

 ――1週前にCWで5F66秒7、最終追い切りは5F67秒3~1F11秒8。馬なりでした。

 1週前にしっかりやって馬はほぼ出来上がっていました。だから最終追い切りは速い時計は必要ないと判断し、調整で十分という形でした。

 ――動き自体はいかがでしたか?

 良かったですよ。またがったミルコ(デムーロ)もよく特長をつかんで動かしてくれていました。

 ――特長というのは具体的にどのようなことでしょう?

 うまくため込めればだんだんとストライドを伸ばしてくれるようなところのある馬。そういう走りをさせてくれていました。

 ――折り合いが課題になると思いますが?

 今回の追い切りを見る限り徐々に折り合いを覚えている感じがあるし、競馬にいけばもっと流れてくれるので大丈夫だと思います。

 ――兄のエピファネイアも折り合いを覚えて出世しました。

 行きたがる面はあっても、新馬戦から2000メートル戦を使っているように血統的にはこのくらいの距離はこなせると信じています。

 ――血統といえば父がダービー馬で母がオークス馬、兄も菊花賞やジャパンCを勝っています。

 それを考えれば2000メートルは問題ありません。期待しています。

 

 

ミルコ・デムーロに密着した「情熱大陸」の一場面

 身長156.5センチ、体重52キロ。その小さな身体で時に500キロを越えるサラブレッドを操るイタリア人騎手・ミルコ デムーロがドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS/TBS系全国ネット、4月17日午後11時25分~11時55分)に登場する。

【番組の別カット】

 元騎手であった父のもと15歳で騎手デビューし、21歳で初来日、日本競馬界最高峰のG1レースでの勝利はもちろん、2011年には世界最高賞金のドバイワールドカップで日本競馬関係者の長年の悲願であった日本馬を初めて優勝に導くという歴史的快挙を成し遂げる。東日本大震災の直後だったこのレースに喪章を付けて騎乗したミルコの「日本人のために勝ちたいと祈っていた」というコメントには競馬ファンならずとも胸を熱くした。

 そして去年、外国人として初めてJRAの所属騎手となりその年の最多賞金獲得騎手にも輝いたミルコはまさに今、日本で最も人気のあるジョッキーの一人だ。

 番組では来日17年、日本を愛しこの地で死ぬまで馬にかかわっていたいと語る彼の「NO UMA NO LIFE」な日々に密着! ストイックな練習姿をはじめ、先日、満開の桜の中で念願の栄冠を手にした桜花賞、そして放送当日(17日)に開催される皐月賞までの怒涛(どとう)の日々を追った。

<プロフィル>Mirco Demuro(ミルコ・デムーロ) 1979年イタリア生まれ。21歳で初来日し、年間3カ月しか日本で騎乗することができない「短期騎手免許」ながらも2003年国内最高峰クラスのG1レース・皐月賞を初制覇。その後数々の輝かしい戦績を上げ2012年の天皇賞では、勝利の後に天皇陛下ご臨席のスタンド前で下馬し、ひざまずいて最敬礼するという紳士的な振る舞いが話題となった。納豆が大好物で、クリスチャンながらも今年の初詣は京都の神社。横断歩道を渡る際に白線を踏むのは縁起が悪いという独自のジンクスを守り続けるお茶目な一面もある。37歳。

 

 

デムーロはG1では5戦連続連対中

16年 ジュエラー 桜花賞1着

16年 モーニン フェブラリーS1着

15年 サウンドオブアース 有馬記念2着

15年 朝日杯FS リオンディーズ1着

15年 チャンピオンズカップ サンビスタ1着

 

 

 

 

783:2016/04/15(金) 17:42:19.89 ID:

サトノダイヤモンドが一番買いやすいは買いやすいわな
ただ、たぶん今回も中団くらいからになるだろうから若干不安はある
フルゲートの今回はキレイに抜け出せるとは限らん
小回り向きじゃないし
785:2016/04/15(金) 17:43:08.73 ID:

リオンは早生まれの冬馬
暖かくなったからもうパフォーマンスは落ちる
遅生まれの他馬達との実力差も詰まるだろうし

この記事の続きを読む