この記事は約 5 分で読めます ( 約 2744 文字 )

デムーロのメインレースの結果がやばい|宝塚記念2016年
デムーロのメインレースの結果がやばい|宝塚記念2016年

宝塚記念の追い切りが22日、東西トレセンで行われた。美浦ではドバイ遠征から帰国初戦となるドゥラメンテがWコースで力強い動きを見せた。サトノクラウンを相手に先行して併入だったが、上々の仕上がりだ。栗東ではCWコースで悠々と先着したラブリーデイ、坂路でシャープに伸びたアンビシャスの2頭が、サンケイスポーツ調教評価で最高ランクの『S』を獲得した。枠順は23日に確定。馬券は25日から発売される。

内に秘めた闘志は、以前の“荒々しい”男のまま。昨年の2冠馬ドゥラメンテが、力強い動きを披露した。

「ここまで状態を見極めながらおおむね順調にきています」

動きを見届けた堀調教師が穏やかな表情で態勢が整ったことを伝えた。

追走してゴール前で並びかけるのがこの馬の調教パターンだが、今回はWコースでサトノクラウンを先導する形でスタート。最初はフワフワした走りだったが、鞍上のゴーサインに反応し5ハロン68秒7、3ハロン39秒0-12秒5の好反応で、相手に合わせるように併入した。

前走のドバイシーマクラシックはレース直前に右前脚を落鉄。蹄鉄(ていてつ)を打ち直すことができず、はだしで出走して英国のポストポンドの2着と悔しい思いをした。調教師は3カ月間、慎重に状態を見定め、1週前追い切りに騎乗したMデムーロは「すごくよかった。遠征の疲れもなくて、ちょっと大人になっていた」と好感触を得ていた。

遠征のダメージを取っている間に、皐月賞、ダービーで負かしたキタサンブラックが天皇賞・春を制し、ファン投票で1位を獲得。今の日本の中距離戦では、先行するキタサンと差すドゥラメンテの再戦は最高のマッチアップだ。「今回は内回り。4コーナーでいいポジションにいたい。キタサンブラックは前。ドゥラメンテのイメージは決まっている」と、ジョッキーは本番を見すえる。

「ドバイでの落鉄は偶然ではないと思うので、次に生かして勝ち馬(ポストポンド)との差を少しでも詰めていきたい」

秋に挑戦が視野に入る凱旋門賞(10月2日、仏シャンティー、GI、芝2400メートル)で、ドバイの雪辱を願う堀師。そのためにも宝塚記念でドゥラメンテが日本最強馬であることを証明してくれるはずだ。 (柴田章利)

日付 開催 レース名 馬名 性別 年齢 人気 着順
160619 阪神 米子S クイーンズリング 4 1 2
160618 阪神 天保山S ウォータールルド 8 5 7
160612 東京 エプソムG3 フルーキー 6 3 2
160611 阪神 安芸S1600 ベック 5 5 12
160605 東京 安田記念G1 ロサギガンティア 5 5 9
160604 阪神 鳴尾記念G3 パッションダンス 8 4 4
160529 東京 日本ダービー リオンディーズ 3 4 7
160528 京都 朱雀S1600 ジルダ 4 9 16
160522 東京 優駿牝馬G1 ビッシュ 3 5 3
160521 京都 平安SG3 ロワジャルダン 5 2 10
160515 東京 ヴィクトG1 クイーンズリング 4 5 8
160514 東京 京王杯スG2 ロサギガンティア 5 2 3
160508 東京 NHKマG1 ティソーナ 3 4 17
160507 東京 プリンシ ショパン 3 1 15
160417 中山 皐月賞G1 リオンディーズ 3 2
160416 阪神 アンタレG3 サージェントバッジ 4 5 3
160410 阪神 桜花賞G1 ジュエラー 3 3 1
160409 阪神 阪神牝馬G2 スマートレイアー 6 2 1
160403 阪神 産経大阪G2 ラブリーデイ 6 1 4
160402 阪神 コーラル ノボバカラ 4 3 1

スポンサードリンク



競馬スピリッツ
もう有名過ぎて、無料会員になっていない人居ない?
当てまくる軸馬w
300x250