この記事は約 1 分で読めます ( 約 485 文字 )

田辺騎手サマーシリーズ優勝のいろいろなまとめ

田辺騎手サマーシリーズ優勝のいろいろなまとめ

 

JRAサマーシリーズの一環で、夏場の重賞14戦を舞台に行われたサマージョッキーズシリーズは、田辺裕信騎手(30)=美浦・小西一男厩舎=が35ポイントを獲得して同シリーズ初優勝を飾った。

 七夕賞(メイショウナルト)、関屋記念、京成杯オータムH(ともにクラレント)とシリーズ3勝を挙げて、堂々のV。この優勝によって田辺騎手は、褒賞金100万円とともに、ワールドスーパージョッキーズシリーズ(11月29、30日、東京)への出場権を手に入れた。

 ◆田辺裕信騎手「メイショウナルトとクラレントに勝たせてもらって、トップに立っていると知って、周りにもあおられて(優勝を)意識していました。ただ、この(京成杯AHの)成績次第でサマーマイルシリーズの結果も変わることを意識していたので、きょうは結果を出したいと思っていました。(前日に)落馬して体を痛めたけど、大丈夫でした(笑)。無様な競馬をしないで済んで、安心しています」

 
 
メイショウナルト-七夕賞

 
 
クラレント-関屋記念

 
クラレントー京成杯オータムハンデ

 

 

WSJSでは爆発してほしいですね…田辺騎手