この記事は約 5 分で読めます ( 約 2518 文字 )

佐藤哲三引退のまとめ
佐藤哲三引退のまとめ
ヤフーニュース

 落馬負傷で長期休養をしていた佐藤哲三騎手(44)=栗東・フリー=が16日、大阪市内で会見し、現役を引退することを明らかにした。一昨年の京都競馬で落馬負傷し、復帰を目指してリハビリを続けてきたが、現役続行を断念。26年の騎手生活に別れを告げる。今後は元ジョッキーの経験を生かし、競馬ファンの拡大に尽力していく予定だ。

 勝負師が静かにステッキを置く。落馬負傷で長期休養中の佐藤哲が10月12日で現役を引退する。「復帰という形でファンの期待に応えられなかったのは申し訳ない。でも、ずっといい騎手になろうと思って一生懸命やってきた。楽しかったです」。穏やかな表情で26年の騎手生活を振り返った。

 生死の境をさまようほどの事故だった。12年11月24日の京都競馬10R。最後の直線の入り口でバランスを崩して落馬、内柵に激突し、左上腕骨など数カ所を骨折した。

 不屈の精神で計6回の大手術に耐え、リハビリを続けてきたが、今年1月、引退の2文字が頭をよぎった。15時間にも及んだ5回目の手術後だった。「どこかで諦めないと、と思った。年齢的にもね…」。動かない左手を見て心は揺らいだ。

 復帰断念を決定的にしたのは7月30日。大山ヒルズ(鳥取県)に、デビュー時に手綱を取ったキズナの様子を見に行ったときだった。「キズナが甘える姿を見て“かわいい”と思ってしまった。それで、もう(馬を調教する)仕事は無理だと思った」。シビアに馬づくりをするうえで、マイナスとなってしまう感情の芽生え‐。苦渋の決断に至った。

 89年に騎手デビュー。積極果敢な騎乗は、多くのファンから支持されていた。「ベストレースは(11年)宝塚記念のアーネストリー」と振り返った。

 今後は元騎手としての経験を生かし、地方のWINSなどを回って競馬ファン拡大に努めるつもりだ。「外からJRAを盛り上げたい。調教師になるという選択は…気持ちの片隅にはあるけど、まずは与えられた仕事をやっていきたい」。第2の競馬人生に向けて口元を引き締めた。

 

佐藤哲三引退…

自身が語った思い出の5レース

00年皐月賞

 

02年アルゼンチン共和国杯

 (動画無しですみません)

 

03年ジャパンカップ

 

 

09年ジャパンカップダート

 

 11年ジャパンカップダート

 

11年宝塚記念

 

 

 

 

 

 
2chSCまとめ
2:2014/09/16(火) 03:54:53.07 ID:

底力あふれるヨーロッパ血統がもたらす成長力。
キズナのなかに眠っていた資質がここにきて花開いてきた感があります。
昨年の凱旋門賞ではオルフェーヴルに3kgもらって2馬身ちょっとの差。
その後の成長を加味すると、すでに当時のオルフェーヴルと大きな差はない、という見方もできます。
これが完成形ではないでしょうから、まだまだ強くなると思います。
10:2014/09/16(火) 04:17:00.45 ID:

マジかよ
マイネルマックス
タップダンスシチー
アーネストリー
ダートのあいつ
みんな好きだったな
19:2014/09/16(火) 04:56:08.07 ID:

トウシンイーグルの単勝買ってたから、ずっと見ていたんだけど
あの落馬は不可解だったな

結局、哲三最後の騎乗の単勝馬券を買ったわけか・・・なんだかなぁ

33:2014/09/16(火) 06:19:20.67 ID:

ハイラップの勝負師哲三が居なくなるのは寂しいが
神経やっちまったらなあ。仕方ないね
45:2014/09/16(火) 06:39:39.40 ID:

タップダンスシチー大好きだったわ
こいつが居なかったら競馬にハマらなかっただろう

ジャパンカップの単勝と馬単取ったのは本当に嬉しかったし
ヒシミラクルとのマッチレースが一番興奮したわ