この記事は約 1 分で読めます ( 約 507 文字 )

川島正太郎|偉大な父の背中を見て育ってきました。今後は父を見習って頑張っていきます
川島正太郎|偉大な父の背中を見て育ってきました。今後は父を見習って頑張っていきます

 地方競馬の希代の名トレーナーで、7日に肝臓がんと糖尿病の合併症による呼吸不全で亡くなった川島正行調教師(享年66)の告別式が13日、千葉県船橋市の古谷式典船橋斎苑で営まれた。

 競馬関係者、一般弔問客ら約250人が参列し、故人との最期の別れを惜しんだ。戒名は「思いやりがあって勇ましい、馬の扱いなどに秀でている男、偉大な正行」を意味する「仁勇院英駿道正清居士」(じんゆういんえいしゅんどうしょうせいこじ)とつけられた。

 喪主の妻・るみさんに代わってあいさつした四男で騎手の正太郎は「偉大な父の背中を見て育ってきました。今後は父を見習って頑張っていきます」と語り、参列者の涙を誘った。

 千葉県競馬組合は、川島調教師の偉業をたたえ、26日の船橋競馬9R終了後にウイナーズサークルで追悼式を実施し、同日の10Rは「船橋最強調教師 川島正行追悼記念」のレース名で行う。また、22~26日の開催期間中には、ウイナーズサークル付近に献花台と記帳台を設置する。

 
頑張れ正太郎