この記事は約 2 分で読めます ( 約 694 文字 )

御神本訓史退院のまとめ
御神本訓史退院のまとめ

 2月19日(木)の浦和9Rで落馬負傷し、22日のフェブラリーSなどの騎乗を取り止めた御神本訓史騎手が、現在は退院し自宅療養していることがTCK特別区競馬組合から発表された。

 また、病院での検査の結果、左坐骨骨折及び左殿筋下血腫と診断され、第18回大井競馬開催中の騎乗は不可となったこともあわせて発表されている。

 
 
ミカモト騎手動画

 

金盃では見事の逃げ切り

1着 アウトジェネラル 御神本訓史

2着 ドラゴンエアル 森泰斗

3着 フォーティファイド 石崎駿