この記事は約 4 分で読めます ( 約 2332 文字 )

ブノワ騎手|ディサイファで夢を見る
ブノワ騎手|ディサイファで夢を見る

 11月30日(日)に東京競馬場で行われるジャパンC(GI・芝2400m)に出走するディサイファ(牡5・美浦・小島太厩舎)が、11月26日(水)にブノワ騎手を背に、芝コースで併せ馬で追い切った。追い切り後のブノワ騎手のコメント。

「本当に乗りやすい馬で、こちらの言うことを良く聞いてくれます。ゴーサインを出すとすっと動いてくれて良い馬ですね。追い切りでは、道中リラックスして走れていましたし、2400mの距離は、ひょっとしたら今までの距離より向いているのではないかと思います。追い切りを行った芝コースは重い馬場でしたが、良い動きでしたし、もしレースでもこういう馬場にでもなれば、余計に良さが発揮できるかもしれないですね。

 これまで来日した時には、ジャパンCで乗り馬がいなかったので、今回は最高に嬉しいです。本当に贈り物という感じです。

 この馬自身は出来上がっていて、良いコンディションですから、この馬自身は良いレースをしてくれると思います。レースを使われて、コンディションが本当に良さそうですし、このコンディションでレースを迎えられればチャンスはあるかもしれません」(取材・写真:佐々木祥恵)

 
ディサイファは意外と注目
エプソムカップ