競馬騎手.com

競馬騎手.com

競馬の騎手についてのまとめです。騎手データや騎手の2ch記事などを独自の観点で作り込んでいます。

記事一覧

デムーロ騎手|JRA合格|デムーロ騎手G1勝利まとめ

デムーロ騎手|JRA合格|デムーロ騎手G1勝利まとめ

デムーロ騎手|JRA合格|デムーロ騎手G1勝利まとめ

海を越えて香港に吉報が届けられた。昨年度は1次試験で不合格になったミルコ・デムーロが2度目の受験で合格。現在は香港で騎乗しており、JRAを通して喜びのコメントを発表した。

「調教を終えて帰ってきたところで合格のお知らせをいただきました。凄く凄くうれしくて泣きそうなくらい興奮しています」

母国イタリア競馬界は財政危機による賞金カットや未払いで存続危機に陥っている。99年に初めてJRA短期免許を取得して毎年、来日しているミルコは日本に活躍の場を求めた。昨年度は最大の壁とみられた2次試験(日本語による口頭試問)に進むことすらできず。一から出直し、夢をかなえた。

10年有馬記念を制したヴィクトワールピサと翌年のドバイWCに参戦。東日本大震災発生後の歴史的勝利で「日本を愛しています」と涙を浮かべたのは胸を打たれるシーンだった。「日本競馬のために、そして自身の成功のためにベストを尽くします」。来月1日が新たなスタート地点。ミルコの夢にはまだまだ続きがある。

◆ミルコ・デムーロ 1979年1月11日、イタリア生まれの36歳。94年にイタリアでデビュー。97~00年は同国リーディング首位。JRAでは99年に短期免許で初騎乗。JRA通算354勝。G1は03年皐月賞、ダービー(ネオユニヴァース)など10勝。

デムーロ騎手|JRA合格|デムーロ騎手G1勝利まとめ

この記事の続きを読む

ルメール騎手|JRA合格|ルメール騎手G1勝利まとめ

ルメール騎手|JRA合格|ルメール騎手G1勝利まとめ
ルメール騎手|JRA合格|ルメール騎手JRAG1勝利まとめ

 5日、JRAの平成27年度騎手免許試験2次試験の合格者が発表された。イタリアのミルコ・デムーロ騎手、フランスのクリストフ・ルメール騎手ともに合格した。

合格者は以下のとおり

加藤 祥太(平・障)
鮫島 克駿(平・障)
野中 悠太郎(平・障)
三津谷 隼人(平・障)
ミルコ・デムーロ(平)
クリストフ・ルメール(平)

詳細は午後に開かれる記者会見でお伝えいたします。
(取材・文:花岡貴子)

 
ルメールG1勝利
2005年-有馬記念

この記事の続きを読む

ブチコ|クラシックへニュースまとめ

ブチコ|クラシックへニュースまとめ
ブチコ|クラシックへニュースまとめ

 マーブル模様で話題の白毛馬ブチコ(牝3、音無)が2連勝を決めた。1日の京都4R(500万、ダート1800メートル)で3馬身半差の楽勝。単勝1・7倍の圧倒的人気に応えた。斑毛(ぶちげ)としては“史上初”となるクラシック出走へ前進した。

 道中は好位からレースを進め、4コーナーで先頭に並びかけて後続を突き放した。勝ち時計は1分52秒2(重)。岩田騎手は「すんなり行けてスピードもあるし、追ってからの反応も良かった。時計もいいですね」と評価した。ダートでは2戦2勝となった。

 応援にかけつけた金子真人オーナーも「わざわざ来たかいがあった。気分は重賞級にうれしい」と満面の笑みを浮かべた。今後は未定だが、桜花賞トライアルに出走するプランが出ている。

 
ブチコ
父-キングカメハメハ

この記事の続きを読む

梶騎手引退いろいろなまとめ

梶騎手引退いろいろなまとめ

梶騎手引退いろいろなまとめ

 梶晃啓騎手(33)=美浦・田村厩舎=が今年のJRA騎手免許を更新せず、現役を引退することが29日、分かった。騎手免許は2月28日まで有効だが、第2の人生に向けた準備を進めるため、今週の美浦トレーニングセンターでの調教を最後にムチを置く。18日の中京11Rで騎乗したジョーオリオン(12着)がラスト騎乗で、2000年3月のデビューから15年間でJRA通算79勝を挙げた。梶は「人にも馬にも恵まれ、所属する調教師にもいろいろお世話になって感謝しています。充実した騎手生活を送ることができました」と関係者への謝意を口にしていた。

 

 

この記事の続きを読む