この記事は約 2 分で読めます ( 約 1035 文字 )

ブチコ|クラシックへニュースまとめ
ブチコ|クラシックへニュースまとめ

 マーブル模様で話題の白毛馬ブチコ(牝3、音無)が2連勝を決めた。1日の京都4R(500万、ダート1800メートル)で3馬身半差の楽勝。単勝1・7倍の圧倒的人気に応えた。斑毛(ぶちげ)としては“史上初”となるクラシック出走へ前進した。

 道中は好位からレースを進め、4コーナーで先頭に並びかけて後続を突き放した。勝ち時計は1分52秒2(重)。岩田騎手は「すんなり行けてスピードもあるし、追ってからの反応も良かった。時計もいいですね」と評価した。ダートでは2戦2勝となった。

 応援にかけつけた金子真人オーナーも「わざわざ来たかいがあった。気分は重賞級にうれしい」と満面の笑みを浮かべた。今後は未定だが、桜花賞トライアルに出走するプランが出ている。

 
ブチコ
父-キングカメハメハ

母父-サンデーサイレンス
 
3歳500万

 

1着 ブチコ 岩田康誠

2着 バスタータイプ 和田竜二

3着 オールブラッシュ 藤岡康太