この記事は約 3 分で読めます ( 約 1302 文字 )

武豊騎手トークショー菊花賞

 京都・高島屋で行われている「JRA 60th Anniversary 優駿~a fine horse」のオープニングイベントとして22日、武豊騎手(45)とプロ野球評論家の金本知憲氏(46)が約230人のファンを前に、記録やケガなどをテーマに同級生の2人がトークを繰り広げた。

 トーセンスターダムで挑む菊花賞へ向け、武豊は「春は結果を出せなくて、今回が最後の1冠。何とかいいところをと思っています。調教の動きは今まで乗った中で一番良かったです」と意気込みを語った。

 一方の金本氏は阪神の日本シリーズ進出について「これまでアリさんがコツコツと積み上げてきたものを、キリギリスがバッと取っていったようなもの」と独特の言い回しで会場の笑いを誘った。日本一の可能性を問われると「総合力では阪神の方が勝っていると思う」と分析。阪神ファンの豊も「失うものはないので気楽に応援できます」とエールを送った。この模様は25日午後5時から大阪・MBSラジオで放送される。