この記事は約 4 分で読めます ( 約 1805 文字 )

関屋記念|追い切り情報|サトノギャラント
関屋記念|追い切り情報|サトノギャラント

 デビュー16年目の北村宏司騎手(34)が夏後半に入っても好調だ。先週は4勝をあげ今年75勝とし、戸崎(86勝)、岩田(75勝=2着差で上位)に続く全国3位につけている。夏の新潟は現在6勝でトップを走り、実はここ4年、(1)(3)(2)(1)着とすべて馬券に絡んでいる“関屋記念男”でもある。今年は相棒・サトノギャラントの重賞初Vが至上命題だ。

 --関屋記念はサトノギャラントに騎乗。13日の3頭併せは坂路4F56秒6で同入した

 「無理のない範囲で前の馬を追いかけて行き、いい併せ馬ができた。時計は遅く見えるけど、朝イチでも結構時計のかかる馬場だったから、これで十分。先週末にもやれたし、順調だよ」

 --3番人気と期待された前走・中京記念は7着。馬場(稍重)が少しかわいそうだった

 「少し? いや、大分でしょう。道中、追い出すまでは大丈夫だったけど、そこからはノメってノメって…。あれで(発表は)稍重なんだ。ふーん」

 --前走も含め、相変わらずゲートの出は遅い

 「(ゲートのなかで)うるさいわけではないんだけど、どうも進んでいかない。少しはいい位置で運びたいから、今回は何か工夫してみたい」

 --新潟マイルは上がりが速いが、2走前の谷川岳Sで3F32秒3をマークして2着

 「ヨーイドンの競馬になるのは大丈夫。とにかく今回も、問題は馬場状態だけ。週末は雨の予報も出ているけど、何とかもってもらって、良馬場で走れれば」

 --関屋記念は10年にレッツゴーキリシマ、昨年レッドスパーダで勝って、4年続けて馬券に絡んでいる(11年サトノフローラ3着、12年エーシンリターンズ2着)

 「それはたまたま(笑)。いい馬に乗せてもらっているってだけ。それだけでしょ」

 --17日は重賞だけでなく、新馬戦も楽しみ。芝1800メートルでデビュー予定のミッキーユニバースはギャラントと併せていた

 「体も大きいし、気持ちの面でゆったりしているいい馬だ。距離の融通も利きそうだし、楽しみだね」(夕刊フジ)

 ツイッターの声

 
2chの声
 
684:2014/08/14(木) 11:40:20.34 ID:

◎サトノギャラント

メンバー的にですね!

この面子では先ず勝ち負け