競馬騎手.com

競馬騎手.com

競馬の騎手についてのまとめです。騎手データや騎手の2ch記事などを独自の観点で作り込んでいます。

記事一覧

北村騎手、また騎乗停止に

北村騎手、また騎乗停止に

北村騎手、また騎乗停止に

 5日の阪神7Rで、ロワサーブル(8着)が最後の直線コースで内側に斜行したため、オアフライダー(11着)の進路が狭くなった。

レースは到達順位通り確定したが、ロワサーブルの北村宏司騎手(34歳)=美浦・フリー=は、2月21日にも不注意騎乗による騎乗停止処分を受けたにもかかわらず、短期間に同様の不注意騎乗を繰り返したため、加重制裁で4月11日から26日まで16日間の騎乗停止となった。

 

北村騎手のGⅠ勝利は2勝
2014年-天皇賞(秋)スピルバーグ

2006年-ヴィクトリアマイルダンスインザムード

競馬予想の参考になる、競馬情報会社最後おすすめです

 ツイッターでも盛り上がっている

この記事の続きを読む

改めて、武豊の凄さを調べてみる

改めて、武豊の凄さを調べてみる

改めて、武豊の凄さを調べてみる

武豊-G1勝利、2000年以降

(全部にしようと思ったけど…そうなると多くなるから)

 

日付 レース名 馬名 性別 年齢 斤量 頭数 馬番 人気 距離
15年 フェブラリー コパノリッキー 5 57 16 4 1 1600
13年 マイルCS トーセンラー 5 57 18 5 2 1600
13年 ダービー キズナ 3 57 18 1 1 2400
12年 マイルCS サダムパテック 4 57 18 1 4 1600
10年 JC ローズキングダム 3 55 18 6 4 2400
09年 安田記念 ウオッカ 5 56 18 3 1 1600
09年 ヴィクトリアM ウオッカ 5 55 18 6 1 1600
08年 天皇賞秋 ウオッカ 4 56 17 14 1 2000
08年 フェブラリー ヴァーミリアン 6 57 16 15 1 1600
07年 JCD ヴァーミリアン 5 57 16 7 1 2100
07年 天皇賞秋 メイショウサムソン 4 58 16 1 1 2000
07年 高松宮記念 スズカフェニックス 5 57 18 8 1 1200
06年 有馬記念 ディープインパクト 4 57 14 4 1 2500
06年 JC ディープインパクト 4 57 11 6 1 2400
06年 宝塚記念 ディープインパクト 4 58 13 8 1 2200
06年 NHKマイルC ロジック 3 57 18 6 3 1600
06年 天皇賞春 ディープインパクト 4 58 17 7 1 3200
06年 フェブラリー カネヒキリ 4 57 16 14 1 1600
05年 JCD カネヒキリ 3 55 16 10 1 2100
05年 菊花賞 ディープインパクト 3 57 16 7 1 3000
05年 秋華賞 エアメサイア 3 55 18 10 2 2000
05年 ダービー ディープインパクト 3 57 18 5 1 2400
05年 皐月賞 ディープインパクト 3 57 18 14 1 2000
05年 高松宮記念 アドマイヤマックス 6 57 18 18 4 1200
04年 JCD タイムパラドックス 6 57 16 14 4 2100
04年 エリザベス アドマイヤグルーヴ 4 56 18 12 2 2200
04年 桜花賞 ダンスインザムード 3 55 18 9 1 1600
03年 エリザベス アドマイヤグルーヴ 3 54 15 7 2 2200
03年 フェブラリー ゴールドアリュール 4 56 16 5 1 1800
02年 エリザベス ファインモーション 3 54 13 12 1 2200
02年 秋華賞 ファインモーション 3 55 18 12 1 2000
02年 スプリンターズ ビリーヴ 4 55 11 4 1 1200
02年 東京優駿 タニノギムレット 3 57 18 3 1 2400
01年 JCD クロフネ 3 55 16 9 1 2100
01年 エリザベス トゥザヴィクトリー 5 56 15 13 4 2200
01年 NHKマイルC クロフネ 3 57 18 4 1 1600
00年 菊花賞 エアシャカール 3 57 18 15 2 3000
00年 皐月賞 エアシャカール 3 57 18 16 2 2000

 

過去G1を多く勝った馬(2勝以上)中央馬

(2勝)

アドマイヤグルーヴ

イナリワン

ヴァ―ミリアン

エアグルーヴ

エアシャカール

オグリキャップ

カネヒキリ

ファレプシス

ベガ

クロフネ

ファインモーション

(3勝)

ウオッカ

スーパークリーク

メジロマックイーン

(4勝)

スペシャルウィーク

(7勝)

ディープインパクト

 

 

 

 

御神本訓史・・・騎手引退なのか?それとも…いろいろなまとめ

御神本訓史・・・騎手引退なのか?それとも…いろいろなまとめ

御神本訓史・・・騎手引退なのか?それとも…いろいろなまとめ 

 

地方競馬全国協会(NAR)は17日、御神本訓史騎手(33)=大井・三坂盛=が免許試験委員会で不合格となったことを発表した。今年から南関東の免許日が変更となり4月1日付けとなったが、昨年までは6月1日付けであり、御神本騎手が昨年合格した免許の有効期限が5月31日までなので、それまでは騎乗できることになっている。

不合格に至った詳細について、地方競馬全国協会は「個人情報の観点から公表できない。筆記試験、面接試験等を行い、本人のこれまでの業務状況の内容を勘案し、最終的に免許委員会で審議された結果、不合格となった。本人に対しては免許試験の結果について審議内容も含め回答している」とコメントするにとどまった。

御神本騎手は1999年4月10日に益田競馬でデビュー。2002年に大井競馬に移籍。JRAでも勝利を挙げるなど活躍している。通算成績は1万2316戦1952勝(17日現在)。

13年2月21日から14年11月13日までの間の14回、資格のない者を大井競馬騎手調整ルームに施術師であると虚偽の申告をして入室させていたとして、特別区競馬組合から3月2日から4月10日まで30日間の騎乗停止処分を受けている。

また、14年4月には、騎手調整ルームから、許可を得ずに室外に出たことにより、6日間の騎乗停止処分を受けている。

地方競馬の免許試験は年3回実施され、他場に移籍すれば、8月1日免許(兵庫、東海、北陸)、12月1日免許(北海道、岩手、高知、佐賀)の試験を受験し、合格すれば騎乗できる。南関東所属のままであれば、来年4月1日免許の試験を受験して合格する必要がある。

 

 

地方馬初めてで唯一のJBC優勝

フジノウェーブとミカモト騎手
先日の金盃も8番人気で勝利

ツイッターの声

この記事の続きを読む

中日新聞杯予想を川田将雅騎手を中心に語ってみます

中日新聞杯予想を川田将雅騎手を中心に語ってみます
中日新聞杯予想を川田将雅騎手を中心に語ってみます
『中日新聞杯』デウス4F52秒1重賞初制覇目指す

「中日新聞杯・G3」(14日、中京)

栗東坂路でハツラツとした動きを披露した。前2走、重賞で好走しているデウスウルトが11日、4F52秒1-38秒8-13秒4の好タイムをマーク。見守った平田師は納得の笑みを浮かべた。

「ちょっと全体的に速過ぎる感じはあったけど、まあこんなものだろう。状態は変わりないよ」と好調維持をアピールする。騎乗した大橋助手も「テンが速くなりましたが、動き自体は良かったと思います」と太鼓判を押した。

前走の中山金杯は33秒9と最速の上がりをマークして3着と好走。1着馬ラブリーデイはのちに京都記念を勝ち、2着馬ロゴタイプは中山記念で2着しているのだからメンバー的にも内容の濃いレースだった。

引き続き騎乗する川田は「いいタイミングで乗せてもらっていると思いますし、今回は抜けた馬がいないので」と勝ち負けを意識。遅咲きの7歳馬が重賞初制覇を目指す。

 

中日新聞杯に騎乗する川田騎手

中京競馬場芝2000mデータ

5-2-3-17/27(18%ー37%)

 

2014年-金鯱賞

ラストインパクト

 

2006年-中京記念

マチカネオーラ