この記事は約 3 分で読めます ( 約 1478 文字 )

オークス2016年1番人気濃厚騎手|池添騎手のG1・1番人気成績

オークス2016年1番人気濃厚騎手|池添騎手のG1・1番人気成績

◆オークス追い切り(18日・栗東トレセン)

牝馬クラシック第2弾、第77回オークス(22日、東京)でG1初制覇を目指す桜花賞2着のシンハライトが18日、栗東の坂路で追い切り、併せ馬で余裕の先着。好調をアピールした。春のG1で惜敗続きの池添に迫った。枠順は19日に決定する。

偶然の出会いだった。昨年7月22日の函館。北海道シリーズに参戦していた池添は、騎手の同期だった荻野要助手から2歳馬のゲート試験での騎乗を依頼された。それがシンハライトだった。

それが縁となって2か月半後、10月10日の新馬戦(京都・芝1600メートル)の鞍上に指名を受けた。“最強タッグ”のスタートだった。

「デビュー前に乗せてもらい、すごい素質を持っていると感じた。めちゃくちゃ柔らかいし、乗っていて気持ちいい。バネがすごい。なかなか味わえない乗り味」

スイープトウショウ、カレンチャン、ショウナンパンドラなど牝馬でG1レース9勝を挙げる池添が素質にほれ込んでいる。

デビュー戦から今回まで毎回、2週続けて追い切りにまたがり、時間をかけてコンタクトを取ってきた。この日も栗東の坂路でキングカヌヌ(4歳500万)と併せ馬を行い、53秒6―12秒8で先着した。無傷の3連勝で桜花賞まで駒を進めたが、ジュエラーからわずか2センチ差の2着。それだけに2冠目に懸ける思いは強い。

「桜花賞はゲートをしっかり出てくれて道中もスムーズ。最後もしっかり伸びてくれていた。少しのタイミングで負けてしまった。G1で強い馬も出てくるが、結果を残すことだけを考えたい」

今春はG1で〈6〉〈2〉〈8〉〈2〉〈2〉〈3〉着。13番人気で2着という天皇賞・春(カレンミロティック)もあるが、勝負の世界では当然、勝つことが求められる。

「桜花賞は悔しいレース。悔しさを晴らすのはオークスの舞台だと思っていた。勝ちたい。そのひと言だけです」

思い入れ、悔しさ。胸に同居する感情を背負い、悲願を取りに行く。(橋本 樹理)

 

 

過去の池添謙一騎手G1・1番人気成績

日付 開催 レース名 馬名 性別 年齢 斤量 頭数 馬番 着順
13年 中山 有馬記念 オルフェーヴル 5 57 16 6 1
12年 東京 JC オルフェーヴル 4 57 17 17 2
12年 中山 スプリンターズ カレンチャン 5 55 16 14 2
12年 阪神 宝塚記念 オルフェーヴル 4 58 16 11 1
12年 京都 天皇賞春 オルフェーヴル 4 58 18 18 11
11年 中山 有馬記念 オルフェーヴル 3 55 14 9 1
11年 京都 菊花賞 オルフェーヴル 3 57 18 14 1
11年 京都 秋華賞 ホエールキャプチャ 3 55 18 12 3
11年 東京 東京優駿 オルフェーヴル 3 57 18 5 1
11年 阪神 桜花賞 ホエールキャプチャ 3 55 18 16 2
08年 京都 秋華賞 トールポピー 3 55 18 11 10
08年 阪神 桜花賞 トールポピー 3 55 18 10 8
06年 東京 天皇賞秋 スイープトウショウ 5 56 17 7 5
05年 京都 マイルCS デュランダル 6 57 18 14 8
04年 京都 マイルCS デュランダル 5 57 16 7 1
04年 京都 エリザベス女王杯 スイープトウショウ 3 54 18 7 5
04年 中京 高松宮記念 デュランダル 5 57 18 8 2

スポンサードリンク



無料予想が注目サイト

 

ここ的中率強烈です・・・
競馬を使うならマジここの無料会員で熱い予想をゲットせよ
まずは

勝ちkeiba

 

 

ここの無料情報は評価が高い。
いろいろな評価サイトを見ても信用度が高い。

 

勝ちkeiba