この記事は約 3 分で読めます ( 約 1399 文字 )

函館スプリントステークス|2016年に強そうな騎手を集めました
函館スプリントステークス|2016年に強そうな騎手を集めました

函館競馬開幕週のメイン「第23回函館スプリントS」(19日)ではローレルベローチェが軽快な走りを見せた。

北の大地で人馬悲願のタイトル奪取だ。ローレルベローチェはレース2週前の4日から函館入りして、中井が付きっきりで調教に騎乗。鞍上は「涼しく静かな環境が合っているのか、凄く落ち着いています」と話す。父サクラバクシンオー譲りの爆発的なスピードが武器だが、その一方で気持ちのコントロールが難しい馬。鞍上は細心の注意を払って稽古をつけてきた。

「まずはテンションを上げすぎないように。そして馬自身が毎日納得して調教を終われるように」

調教は他馬がいなくなった時間帯に開始。気分が落ち着かないときは角馬場でのフラットワークを長めに。リラックスしているときは、負担をかけすぎないようコースをサッと流して気持ちをコントロールする。「頭の高い馬なので、なるべく背中を下げさせるように心掛けています」。前運動や上がり運動も買って出るなど、長い時間をかけて信頼関係を構築してきた。

最終追いは初の函館芝コースへ。序盤は折り合い重視に5F67秒5。3角すぎからピッチを上げると、直線は軽く気合をつけた程度でラスト1F12秒5と鋭い反応で駆け抜けた。「雨の洋芝で重たい馬場だったが、しっかり動けていた。元々ダートで走っていてパワーはある馬。悔いのない仕上げができました」と万全の出来に胸を張る。

前走のG1は前半3F32秒7という超ハイラップが響いて16着に終わったが、ハクサンムーン、ミッキーアイルなど一線級の逃げ馬を相手にハナは譲らなかった。自身の重賞初制覇も懸かる鞍上は「あのメンバーで先手を奪えたのは収穫。スタートは速いので今回もハナは譲らない気持ちです」と闘志を燃やす。

開幕馬場を味方に一気の逃走劇。人馬の強い気持ちがレースで結ばれたとき夢は結実する。

 

 

367382f9.jpg

 

 

騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
岩田康誠 17-11-15-41/84 20.20% 51.20% 56 94
三浦皇成 10-17-13-56/96 10.40% 41.70% 50 92
池添謙一 2- 4- 4-15/25 8.00% 40.00% 29 89
勝浦正樹 7-14-12-63/96 7.30% 34.40% 55 75
武豊 5- 1- 0-13/19 26.30% 31.60% 263 85
柴山雄一 7-11- 4-60/82 8.50% 26.80% 52 76
柴田善臣 1- 2- 0-10/13 7.70% 23.10% 66 58
吉田隼人 9- 5- 6-75/95 9.50% 21.10% 57 62
丸田恭介 1- 7- 7-58/73 1.40% 20.50% 4 85
藤岡康太 2- 2- 3-31/38 5.30% 18.40% 78 46
菱田裕二 3- 4- 9-76/92 3.30% 17.40% 30 68
村田一誠 2- 2- 1-35/40 5.00% 12.50% 31 78
杉原誠人 0- 0- 0- 9/ 9 0.00% 0.00% 0 0
戸崎圭太 0- 0- 0- 3/ 3 0.00% 0.00% 0 0

スポンサードリンク



競馬スピリッツ
もう有名過ぎて、無料会員になっていない人居ない?
当てまくる軸馬w
300x250

ここの競馬新聞激アツ・・・・wwww
中山6レース 3連単 17230円的中wwww
まずは無料会員でお試しあれ!!
victorybanner