この記事は約 2 分で読めます ( 約 844 文字 )

小島太調教師勇退。騎手時代の名勝負をもう1度

小島太調教師勇退。騎手時代の名勝負をもう1度

 

 

2018年2月で勇退する調教師

 
ヤフーニュースより引用

2月28日をもって、池上昌弘調教師(美浦)、岩元市三調教師(栗東)、尾形充弘調教師(美浦)、加藤敬二調教師(栗東)、小島太調教師(美浦)、佐藤正雄調教師(栗東)、二本柳俊一調教師(美浦)、福島信晴調教師(栗東)、目野哲也調教師(栗東)、和田正道調教師(美浦)の10名が引退、柴田光陽調教師(栗東)、二ノ宮敬宇調教師(美浦)の2名が勇退する。

 このうち、JRA・GIで優勝経験があるのは5名で、岩元調教師はテイエムオペラオーでGI・7勝、尾形調教師はグラスワンダーでGI・4勝、加藤調教師はノースフライトなどでGI・3勝、小島調教師はマンハッタンカフェなどでGI・5勝、二ノ宮調教師はエルコンドルパサーなどでGI・6勝をマークしている。

 また、小島調教師は中山記念(GII)にディサイファ(牡9歳)を登録。阪急杯(GIII)には、福島調教師がダイアナヘイロー(牝5歳)、和田調教師がユキノアイオロス(せん10歳)を登録している。2007年の阪急杯では、同レースが最後のJRA重賞挑戦となった湯浅三郎調教師の管理馬エイシンドーバーが勝ち、引退の花道を飾ったが、3調教師は重賞制覇で有終の美を飾ることができるだろうか。

 

小島太と言えば追い込み

 

1995年天皇賞秋

 

 

1着 サクラチトセオー 小島太
2着 ジェニュイン 岡部幸雄
3着 アイルトンシンボリ 加藤和宏

 

強すぎたサクラバクシンオー

 

1994年スプリンターズS

 

 
1着 サクラバクシンオー 小島太
2着 ビコーペガサス 的場均
3着 キョウエイキーマン 松永幹夫
 

1993年スプリンターズS

 

 
1着 サクラバクシンオー 小島太
2着 ヤマニンゼファー 柴田善臣
3着 ニシノフラワー 河内洋
 

重賞予想はお任せ!!

 
無料予想も毎週あるので狙うのはありかな。
(管理人がチェックする限り)
だから無料会員がおすすめ
 
シンザン記念
日経新春杯を予想を的中
↓↓ ハイブリッドの無料会員は以下から