タグ:日本ダービー
日本ダービー(東京優駿)注目騎手データ|日本ダービー(東京優駿)勝手にベスト騎乗
  • LINEで送る

日本ダービー(東京優駿)注目騎手データ|日本ダービー(東京優駿)勝手にベスト騎乗

 

日本ダービー(東京優駿)の騎手データに関連しそうなものです。
最新更新日は右上です。
 
 

1985年以降の日本ダービー(東京優駿)騎手データ

 

 
※ 武豊 キズナ・ディープインパクト・タニノギムレット・アドマイヤベガ・スペシャルウィーク
※ 横山典弘 ワンアンドオンリー・ロジユニヴァース
※ 四位洋文 ディープスカイ・ウオッカ
※ Mデムーロ ドゥラメンテ・ネオユニヴァース
※ 小島貞博 タヤスツヨシ・ミホノブルボン
 

過去10年の東京競馬場芝2400mデータ重賞

 

 
蛯名正義 (単複回収率プラス)
デムーロ (単複回収率プラス)
・池添謙一
・ルメール
 

注) 戸崎はは1勝もしていない。

 

過去3年の東京競馬場芝2400mデータ

 

 

・戸崎圭太
・デムーロ
・ルメール

 

日本ダービー(東京優駿)勝手にベスト3位

 

第3位 サニーブライアン(1997年)

 

 

まあお見事の逃げ切りだったと思う。サニーブライアンの2冠は御見事だった。
ともに逃げ切りなわけですしね。
また大西騎手の談話も泣ける。

 

第2位 キズナ(2013年)

 

 
まあキズナ(絆)に勝って良かった感じ。
直線の捌き方はやっぱり武豊だった。
 

第1位 ディープインパクト(2005年)

 

 

まあこんな強いんだなって・・・
皐月賞の勝ち方からここまでパフォーマンスが上がるとね。

 

スポンサーリンク

 




 

無料予想が注目サイト

 

 

~夢を叶える競馬サイトが新登場~

━─━─━─━──━─━─━─━─━

【データ × 実力 × センス】

全てを兼ね備えた競馬サイトが新登場!

◆利用者10万人の競馬指数「うまコラボ
◆的中率90%の反則技「競馬の殿堂
◆穴馬一筋15年が魅せる穴馬「ヒットメイク

 結果を出せるサイトを集結させた
 無料競馬サイト「うまとみらいと」

https://miraito.collabo-n.com

 

うまとみらいとの、

・うまコラボ
・競馬の殿堂
・ヒットメイク

これら3つのコンテンツは
あなたの夢を実現するために、
明日からあなたを強力にサポートします。
https://miraito.collabo-n.com/
 

蛯名正義騎手|念願のダービー制覇へ
  • LINEで送る

蛯名正義騎手|念願のダービー制覇へ

 

「日本ダービー・G1」(29日、東京)

ダービーウイークが幕を開けた。13年に生産されたサラブレッド6913頭の頂点を決める競馬の祭典。今年は12頭の重賞ウイナーを含む超豪華メンバーが集った。皐月賞馬ディーマジェスティで挑むのが蛯名正義騎手(47)=美浦・フリー。今回で24度目の挑戦。誰よりも“ダービージョッキー”への思いは強い。武豊と同期、デビュー30年目を迎えた関東のベテランが、ついに悲願を成し遂げるか。 圧倒的なタイトルへの渇望度が言葉に重みを与える。「俺も年だから、もう何回チャンスがあるか分からない」-。蛯名正義、47歳。四半世紀以上の歳月を、ムチを手に過ごしてきた。まだ見ぬダービージョッキーの景色。“悲願”というフレーズですら陳腐に感じさせるほど、熱い思いが全身を包む。

デビュー30周年、24度目の挑戦。「今までも一生懸命やってきた。ダービーは勝ちたいと思って勝てるレースではないけど、その気持ちは誰よりも強い」。G125勝の輝かしい戦績を刻んできた関東の名手も、ことダービーに関しては勝利の女神が振り向かない。

ほほ笑みかけたことはある。フェノーメノと挑んだ12年。わずか23センチ差の大熱戦は、岩田&ディープブリランテに軍配が上がった。そして14年。1番人気の皐月賞馬イスラボニータは追われる立場ゆえに、ワンアンドオンリーのマーク差しに屈した。「思いだけじゃかなわない。でも、思いだけなら負けない」。発する言葉はどこまでも重い。

不思議な巡り合わせがドラマを生む。今年の相棒ディーマジェスティは二ノ宮厩舎所属。競馬ファンなら誰もが知る“チーム・エルコン”。99年の凱旋門賞で2着と偉業にあと一歩まで迫ったエルコンドルパサー、そしてナカヤマフェスタ(10年=2着)でも世界最高峰に挑戦し、頂点をつかみかけた。担当スタッフもまた当時と同じ佐々木助手。異国の地で生まれた信頼を胸に、ターフへ向かう。

「皐月賞はダービーが楽しみになるような競馬ができればと思っていた。うまくペースがはまったけど、勝てたのは力があったから」とクラシック第1戦を振り返りながら、冷静に戦況を分析する。「やれることは証明できた。その前はどれだけやれるかも分からなかったから。ぼんやりと(勢力図が)見えてきた」。大一番を前にしても、キャリアに裏付けされた冷静さは失われていない。

「色んな人に応援してもらって、それであとワンパンチが来てくれればいい」。ファンの声を力に変え、栄光のゴールへ。蛯名は今年も無我夢中でムチを振るう。

過去の蛯名正義騎手のダービー成績
日付 馬名 性別 年齢 人気 着順 所属 調教師 走破タイム
15年 タンタアレグリア 3 7 7 (美) 国枝栄 2240
14年 イスラボニータ 3 1 2 (美) 栗田博憲 2247
13年 ヒラボクディープ 3 5 13 (美) 国枝栄 2250
12年 フェノーメノ 3 5 2 (美) 戸田博文 2238
11年 トーセンラー 3 7 11 (栗) 藤原英昭 2330
10年 ハンソデバンド 3 13 16 (美) 尾形充弘 2292
09年 ナカヤマフェスタ 3 9 4 (美) 二ノ宮敬 2345
08年 ショウナンアルバ 3 8 12 (美) 二ノ宮敬 2282
07年 ドリームジャーニー 3 8 5 (栗) 池江泰寿 2254
06年 エイシンテンリュー 3 14 12 (栗) 坂口正則 2295
05年 ダンスインザモア 3 11 14 (美) 相沢郁 2274
04年 ハイアーゲーム 3 3 3 (美) 大久保洋 2238
03年 スズカドリーム 3 11 15 (栗) 橋田満 2304
02年 ノーリーズン 3 2 8 (栗) 池江泰郎 2269
01年 ダイイチダンヒル 3 9 11 (栗) 伊藤雄二 2289
00年 ジョウテンブレーヴ 3 5 6 (美) 相沢郁 2272
99年 オースミブライト 3 4 4 (栗) 中尾正 2260
98年 クリールサイクロン 3 13 15 (美) 稲葉隆一 2288
97年 セイリューオー 3 7 10 (美) 河野通文 2270
96年 サクラスピードオー 3 4 5 (美) 境勝太郎 2270
95年 ホッカイルソー 3 6 4 (美) 田中清隆 2276
93年 ステージチャンプ 3 7 9 (美) 矢野進 2276
91年 シャコーグレイド 3 3 8 (美) 矢野照正 2274

この記事の続きを読む

日本ダービー前日の騎手談話まとめ
  • LINEで送る

日本ダービー前日の騎手談話まとめ

 

1番人気ドゥラメンテ・デムーロ

 【ミルコに聞く】

 ――追い切りの感触は?

 3頭で併せてプレッシャーをかけるイメージだったが、道中の感じが良かった。凄くいい状態。

 ――馬場入り直後は大きく首を振っていたが。

 皐月賞の追い切りの時よりはおとなしかった。以前のようにコース入りで立ち止まったりせず、スムーズになっていた。

 ――その皐月賞は強い競馬だった。

 3コーナーまではいい手応え。4コーナーでは困ったが、直線はびっくりするほどの伸び。あれほど速い脚は初めて。

 ――今回はどう乗る?

 1~2コーナーだけは気をつけたい。みんながポジションを探すので、たまにぶつかったりする。テンションが高くなる馬なので、スムーズに走らせることが一番大事。後方になっても、落ち着いていれば大丈夫。凄い脚があるからね。

 
2番人気リアルスティール・福永祐一
 

この記事の続きを読む