カテゴリー:浜中俊騎手
浜中騎手が来週復帰します|京王杯SC
  • LINEで送る
浜中騎手が来週復帰します|京王杯SC
<ヴィクトリアM:1週前追い切り>

2月7日の東京新聞杯で落馬、複数箇所を骨折して休養中の浜中俊騎手(27)が4日、栗東で約3カ月ぶりに調教に騎乗した。ヴィクトリアM(G1、芝1600メートル、15日=東京)の1週前追い切りでミッキークイーン(牝4、池江)に騎乗。Cウッドでいっぱいに追い、6ハロン81秒3-11秒5でサトノラーゼン(古馬オープン)に4馬身先着した。

昨年のジャパンC以来となる背中を堪能した浜中は「指示通り、しっかりやりました。相変わらず動きますね。僕がちゃんと追えるかどうかが不安でしたが、いい調教ができたと思います」と、来週の実戦復帰に手応えをつかんだ。

復帰週は土、日とも1日1鞍勝負。14日の京王杯SC(G2、芝1400メートル、東京)のダッシングブレイズ(牡4、吉村)には今日5日の追い切りにも騎乗予定。東京新聞杯で落馬した因縁浅からぬパートナーだが「また内に突っ込みますよ」と笑顔で話した。

翌日のクイーンには「2戦連続でのマイル戦、直線が長い東京になるのはいい条件。何より、両オーナーには負傷明けでも乗せてもらえることに感謝しています。これを励みにリハビリをやってこれた」。勝つことが最大の恩返しだ。【中西典章】

この記事の続きを読む

浜中俊の落馬が激しすぎな件(過去の落馬も振り返ります)
  • LINEで送る

浜中俊の落馬が激しすぎな件(過去の落馬も振り返ります)

 

 
「京阪杯・G3」(24日、京都)
 京阪杯に出走したファンタジスト(牡3歳、栗東・梅田)が、3コーナー付近で転倒。その後、急性心不全のため死んだ。同馬は京王杯2歳Sなど重賞2勝をマークしている。
 なお、騎乗した浜中俊騎手(30)=栗東・フリー=は落馬負傷し、京都市内の病院に搬送され、左鎖骨骨折、右肩甲骨骨折の疑い、胸椎骨折の疑い、肺挫傷の疑いと診断された。来週以降の騎乗は未定。

 

2019年 京阪杯-ファンタジスタ

 

 

スポンサードリンク



2016年東京新聞杯

 

浜中騎手 落馬 2016年 東京新聞杯 ダッシングブレイズ パトロールビデオ

2019年日本ダービーを制した浜中騎手。早い復帰を祈ります。

 

宝塚記念の角居厩舎は5頭の出走予定が・・・?

 29日、2014年ジャパンCなどGI2勝のエピファネイアが栗東トレセンの角居厩舎に帰厩した。

 戻ったエピファネイアの様子を確認した角居師は「太くはないですし、まぁまぁです」と話した。

 宝塚記念の鞍上は福永祐一騎手を予定している。

 なお、角居厩舎は宝塚記念にラキシス(鞍上はルメール騎手)、ディアデラマドレ(鞍上は藤岡康太騎手)、デニムアンドルビー(鞍上は浜中俊騎手)の参戦を表明している。

 来週の鳴尾記念の結果次第ではエアソミュールも加わり、5頭で挑む見込みだ。

(取材・文・写真:花岡貴子)

 
角居厩舎が宝塚記念に5頭出走予定が
 

この記事の続きを読む