タグ:菊花賞の記事一覧

競馬騎手.com

競馬の騎手についてのまとめです。騎手データや騎手の2ch記事などを独自の観点で作り込んでいます。

タグ:菊花賞

【次走】キセキ次走は香港ヴァーズ

  • 投稿 2017/11/09
  • 次走
【次走】キセキ次走は香港ヴァーズ

【次走】キセキ次走は香港ヴァーズ

 
 

キセキ、12・10香港ヴァーズ参戦!
ヤフーニュースより

今年の菊花賞馬キセキ(栗・角居、牡3)が、引き続きM・デムーロ騎手とのコンビでGI・香港ヴァーズ(12月10日、シャティン、芝2400メートル)に向かうことが8日、明らかになった。

 また、同レース出走の招待状が菊花賞2着のクリンチャー(栗・宮本、牡3)にも届いたことが判明。「光栄です。招待を受けるかどうかに関しては、オーナーと相談して」と宮本調教師は話した。次走は有馬記念(12月24日、中山、GI、芝2500メートル)を含めて検討される。

 
 

2017年菊花賞

 

スポンサーリンク




うまコラボ

この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)

300x250

長距離実績のある騎手を調べました

長距離実績のある騎手を調べました

長距離実績のある騎手を調べました

 

2010年~のデータです。最新更新日は右上に出ていますので
ご参考にして頂けると幸いです。
Mデムの不振というかあまり出ていないのがちょっと気になる。

 

2010年から芝2600m以上騎手成績

 

 

優秀騎手

吉田隼人騎手 勝利数1位
ルメール騎手 複勝率55%
岩田康誠騎手 複勝率44%

デムーロが居ない。
1-3-1-14/19(5%-26%)
↑↑
1勝は
菊花賞のキセキ

 

 

2010年から芝2600m重賞騎手成績

 

 

優秀騎手

 
岩田康誠 騎手 5勝
2019年 ダイヤモンドS ユーキャンスマイル
2018年 天皇賞春 レインボーライン
2018年 阪神大賞典 レインボーライン
2015年 阪神大賞典 ゴールドシップ
2014年 阪神大賞典 ゴールドシップ

 

スポンサーリンク

 




 

無料予想が注目サイト

 

無料予想ありサイト

ここマジで半端ない・・・
中央競馬から地方競馬まで無料予想から有料予想まで
まずは

高配当XXX

 

有料な予想も数多くの的中あり。。。
G1も強いサイト。

 

↑↑
こういう的中ももちろん。。。

無料コンテンツも豊富
複勝と3連複予想が熱い。

 

高配当XXXへ

 

今年重賞未勝利の蛯名正義|今週は国枝厩舎の馬で勝利なるか?

今年重賞未勝利の蛯名正義|今週は国枝厩舎の馬で勝利なるか?
今年重賞未勝利の蛯名正義|今週は国枝厩舎の馬で勝利なるか?
マツリダゴッホ=国枝・蛯名
ebina

「第76回菊花賞」は22日、出走馬18頭と枠順が決定した。セントライト記念6着から逆転戴冠を狙うタンタアレグリアは3番に決まった。京都の長距離G1と好相性の頼れる鞍上・蛯名を背に一発を狙う。なお、同レースは23日、金曜発売される。

願ってもない好枠だ。蛯名騎乗のタンタアレグリアに3番が当たった。菊花賞または天皇賞・春の淀長距離G1において「蛯名騎手」&「内枠」の場合はとにかく買い。1~6番に入ったときは【3・2・3・0】と100%馬券に絡んでいる。昨年の菊花賞は4番のサウンズオブアース(4番人気)が2着、今春の天皇賞は2番のカレンミロティック(10番人気)が3着とそれぞれ好配当をもたらした。

古くから「長距離戦は騎手で買え!!」と言われる。パートナーとの呼吸&道中の駆け引きが重要となり、騎手の技量が問われる。内枠なら距離ロスなく立ち回り、好位~中団でジッと我慢できる。最後の直線で末脚をサク烈させ、数々の見せ場をつくってきた。

蛯名はタンタアレグリアと5回目のコンビ。最終追いで感触を確かめて「3歳同士の競馬だけに折り合って走れるのは強み。そのあたりをうまく生かしたい」と手応えを得ている。折り合いを苦にしないことが勝負どころでの機動力につながっている。中村助手も「以前から菊花賞向きだね、という話をしていたんです。真面目に走らないので余計な力を使わず、距離が延びた方がいい。どの位置からでも競馬ができると思います」と目を輝かせた。

今年なら大外枠から先行するスピリッツミノル、リアファルを射程圏に入れながらの位置取りか。「抜け出すとやめてしまうところがあり、500万をなかなか勝ち上がれなかった。徐々に解消されつつありますけどね」と同助手。ならば最後まで集中して走れそうだ。

何より蛯名自身が潜在能力を高く評価しているのが心強い。中村助手は「普通キャンターをしていても、フットワークに伸びがあって独特のバネがある。蛯名さんに言うと、“だろ!”と笑ってくれる。まだまだ本気で走っていないし、一発を狙っていると思います」と証言。頼れる鞍上を背にいざ戴冠へ。あっと驚く激走があっていい。

2015年10月23日現在重賞未勝利の蛯名正義

この記事の続きを読む