カテゴリー:ブドー騎手の記事一覧

競馬騎手.com

競馬の騎手についてのまとめです。騎手データや騎手の2ch記事などを独自の観点で作り込んでいます。

カテゴリー:ブドー騎手

ブドー騎手帰国|ダイエットが厳しかった?これでエピファネイアがスミヨン乗れる。

ブドー騎手帰国|ダイエットが厳しかった?これでエピファネイアがスミヨン乗れる。

ブドー騎手帰国|ダイエットが厳しかった?これでエピファネイアがスミヨン乗れる。 

 

短期免許で来日していたフランスのピエールシャルル・ブドー騎手(21)が28日までの免許期限を残して2日、帰国した。体重調整に苦慮し、ベストの騎乗ができないと判断したもの。

 同騎手は13年フランスで122勝を挙げ、リーディング3位に躍進。身元引き受け馬主、吉田勝己氏のバックアップを受けて、10月25日からの騎乗で73戦9勝の成績を残していた。

 一方で、15日の東京競馬でブーツを履かずに騎乗して戒告処分を受けるなど、減量に苦慮していた。師匠のA・ファーブル師にも相談の上、途中帰国という結論に至った。

 同騎手は「日本でお世話になっている関係者やファンの皆様に申し訳ない気持ちです」とコメントした。今週のチャレンジCで騎乗を予定していたダノンカモンには、松山騎手が騎乗する。

 

 

武豊が前代未聞って言っていた事件

 

 15日の東京競馬6Rでノワールギャルソン(2着)に騎乗したP・ブドー騎手(21)=フランス=がブーツを履かずに騎乗したことが分かり、JRAは注意義務を怠ったと認めて同騎手を戒告処分とした。過去に前例がないケース。

 6Rの前に予備検量を受けた際、100グラム重かったため本検量を行う際、体重を合わせるためにブーツを脱いで計量し、帳尻を合わせて臨んだもの。

 スターターはブーツを履いていないのを現認したというが、ゲートインしていたため発走させ、レース後に裁決委員へ報告した。それを受けて事情聴取。同騎手は「フランスではブーツを履かずに騎乗したことがある」と答えたという。

 庄村之伸裁決委員チーフは「悪意があっての行為ではないと判断。競馬施行規定はブーツを履くことを義務づけてはいない。ただし、安全な競馬の施行、ひいては公正確保を損なう恐れがある。常識の範囲で認められないと判断し、戒告処分とした」と説明した。

 
 

この記事の続きを読む

ブドー騎手の装具の注意義務を怠った|ブドーってデブなの?

ブドー騎手の装具の注意義務を怠った|ブドーってデブなの?
ブドー騎手の装具の注意義務を怠った

 前代未聞の“裸足(はだし)”騎乗だ。短期免許で来日中のフランス人騎手ピエールシャルル・ブドー(21)が、15日の東京6Rノワールギャルソン(2着)にブーツを履かずに騎乗。JRAは「騎手の装具の注意義務を怠った」として戒告処分とした。

 同騎手はレース直前の予備検量で負担重量(55キロ)を100グラム超過したため、重量を調整する目的でブーツを脱ぎ、ストッキングのみで騎乗した。当該レースの勝負服が、通常よりも分厚い素材だったことが原因。発走委員が気付き、レース後に裁決に報告した。JRAはブーツ未装着で騎乗することを想定しておらず、装着義務を明文化していなかったが、競馬の安全に影響があると判断。悪意はないとして最も軽い戒告にとどめた。

 ブドーは「フランスではよくあること。日本で駄目だとは知らなかった」と話している。

 
 

この記事の続きを読む