競馬騎手.com

競馬騎手.com

競馬の騎手についてのまとめです。騎手データや騎手の2ch記事などを独自の観点で作り込んでいます。

記事一覧

新潟日報賞|まとめ

新潟日報賞|まとめ
新潟日報賞|まとめ

 8月16日(土)の新潟11R・新潟日報賞(3歳以上1600万下・芝1400m)に出走予定の美浦所属各馬についての関係者のコメント。

マジックタイム(牝3・美浦・中川公成厩舎)について、中川調教師。
「放牧から戻ってきてからは順調に来ています。時計も出ていますし、動きも良いですね。2000mや2400mでもさほど掛かるわけではないですけど、距離はマイルくらいが良いとジョッキー(横山典弘騎手)も言っていましたし、テンからハミを抜いて終いを生かす自分の競馬をするには、マイル以下の距離が良いと思います。

 春よりも体高も伸びましたし、体は成長していますね。気性面はあまり変わりません。普段は大人しいですが、騎手が跨ったら、カーッとして気が入ります。今回は新潟1400mの内回りですが、このくらいの距離のある程度の流れの中で、前半ハミを抜きながら終いを生かす競馬をしてほしいですね。この距離とこの相手でどのような競馬をするのか、それを判断する意味でもちょうど良いレースになると思います」

プランスデトワール(牡6・美浦・藤沢和雄厩舎)について、津曲大祐調教助手。
「前走のフリーウェイS(4歳以上1600万下・芝1400m・6着)は前残りの展開の中で、終いは良い脚を使ってくれました。今回は55キロとハンデも手頃ですし、一息入れて状態も上がっていますので、流れ一つで良い脚を使ってくれると思います」

サトノヒーロー(牡5・美浦・藤沢和雄厩舎)について、津曲大祐調教助手。
「前走の駿風S(4歳以上1600万下・15着)で新潟の1000m直線を使って、良い刺激になっているようです。今回は1400mで追走も楽になるでしょう。立て直して状態は良くなっていますので、改めて期待したいですね」

バクシンテイオー(牡5・美浦・堀宣行厩舎)について、橋本篤典調教助手。
「前走(フィリピンT・3歳以上1000万下・1着)は、ハマったとはいえ強い内容でした。今回は昇級戦になりますが、ハンデ戦ですし、ある程度格好をつけるような競馬を期待したいです。前走もそうだったように、休み明け初戦に走るタイプの馬ですが、良い意味で状態は平行線ですし、叩き2走目になる今回はさほど心配はしていません」

※どの馬も除外の可能性あり。(取材・写真:佐々木祥恵)

ツイッターの声

この記事の続きを読む

関屋記念|追い切り情報|サトノギャラント

関屋記念|追い切り情報|サトノギャラント
関屋記念|追い切り情報|サトノギャラント

 デビュー16年目の北村宏司騎手(34)が夏後半に入っても好調だ。先週は4勝をあげ今年75勝とし、戸崎(86勝)、岩田(75勝=2着差で上位)に続く全国3位につけている。夏の新潟は現在6勝でトップを走り、実はここ4年、(1)(3)(2)(1)着とすべて馬券に絡んでいる“関屋記念男”でもある。今年は相棒・サトノギャラントの重賞初Vが至上命題だ。

 --関屋記念はサトノギャラントに騎乗。13日の3頭併せは坂路4F56秒6で同入した

 「無理のない範囲で前の馬を追いかけて行き、いい併せ馬ができた。時計は遅く見えるけど、朝イチでも結構時計のかかる馬場だったから、これで十分。先週末にもやれたし、順調だよ」

 --3番人気と期待された前走・中京記念は7着。馬場(稍重)が少しかわいそうだった

 「少し? いや、大分でしょう。道中、追い出すまでは大丈夫だったけど、そこからはノメってノメって…。あれで(発表は)稍重なんだ。ふーん」

 --前走も含め、相変わらずゲートの出は遅い

 「(ゲートのなかで)うるさいわけではないんだけど、どうも進んでいかない。少しはいい位置で運びたいから、今回は何か工夫してみたい」

 --新潟マイルは上がりが速いが、2走前の谷川岳Sで3F32秒3をマークして2着

 「ヨーイドンの競馬になるのは大丈夫。とにかく今回も、問題は馬場状態だけ。週末は雨の予報も出ているけど、何とかもってもらって、良馬場で走れれば」

 --関屋記念は10年にレッツゴーキリシマ、昨年レッドスパーダで勝って、4年続けて馬券に絡んでいる(11年サトノフローラ3着、12年エーシンリターンズ2着)

 「それはたまたま(笑)。いい馬に乗せてもらっているってだけ。それだけでしょ」

 --17日は重賞だけでなく、新馬戦も楽しみ。芝1800メートルでデビュー予定のミッキーユニバースはギャラントと併せていた

 「体も大きいし、気持ちの面でゆったりしているいい馬だ。距離の融通も利きそうだし、楽しみだね」(夕刊フジ)

 ツイッターの声

この記事の続きを読む

クラスターカップ|いろいろなまとめ

クラスターカップ|いろいろなまとめ

 13日、盛岡競馬場で第19回クラスターカップ(GIII・3歳上・ダ1200m・1着賞金2300万円)が行われ、2番手につけた藤岡佑介騎手騎乗の4番人気サマリーズ(牝4、栗東・藤岡健一厩舎)が、直線で前を捕らえて抜け出し、好位の外からゴール前で猛追を見せた2番人気スイートジュエリー(牝5、栗東・安田隆行厩舎)をクビ差退けて優勝した。勝ちタイムは1分9秒7(稍重)。

 さらに1.3/4馬身差の3着に3番人気シルクフォーチュン(牡8、栗東・藤沢則雄厩舎)が入った。なお、1番人気アドマイヤサガス(牡6、栗東・橋田満厩舎)はシルクフォーチュンから3/4馬身差の4着に終わった。

 勝ったサマリーズは、父Hard Spun、母ミスアドーラブル、その父Mr. Prospectorという血統。2012年の全日本2歳優駿以来、約1年8ヶ月ぶりの重賞勝利となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆サマリーズ(牝4)
騎手:藤岡佑介
厩舎:栗東・藤岡健一
父:Hard Spun
母:ミスアドーラブル
母父:Mr. Prospector
馬主:H.H.シェイク・モハメド
生産者:ダーレー・ジャパン・ファーム
通算成績:16戦5勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2012年全日本2歳優駿(GI)

 

動画

1着サマリーズ 2着スイートジュエリー  3着シルクフォーチュン

 

 

374:2014/08/13(水) 16:48:58.49 ID:

内突きの岩田は失敗すれば詰まる
それだけ
379:2014/08/13(水) 16:52:26.89 ID:

ヴァイスヴァーサは
真面目に走らん馬ということだけ言っておく
394:2014/08/13(水) 17:30:55.47 ID:

おまえらのおかげでサガス切ることができた
サンクス

この記事の続きを読む

ワキノヒビキ|ダリア賞勝利のいろいろなまとめ

ワキノヒビキ|ダリア賞勝利のいろいろなまとめ

<ダリア賞>◇9日=新潟◇オープン◇芝1400メートル◇2歳◇出走13頭

 後方追走のワキノヒビキ(牡、清水久)が大外一気の豪快な差し切り勝ちを決めた。時計は1分22秒3。

 北村宏騎手は「口向きの難しいところはあるけど、外で流れに乗れた。追ってからのストライドが良かったです」と話した。次走は未定。2馬身半差2着には12番人気ナイアガラモンローが好位から粘り込んだ。

この記事の続きを読む