競馬騎手.com

競馬騎手.com

競馬の騎手についてのまとめです。騎手データや騎手の2ch記事などを独自の観点で作り込んでいます。

記事一覧

難波剛健騎手|初重賞制覇

難波剛健騎手|初重賞制覇
難波剛健騎手|初重賞制覇

 13日、東京競馬場で東京ハイジャンプ(3歳上・JGII・障害3110m)が行われ、中団でレースを進めた難波剛健騎手騎乗の13番人気サンレイデューク(牡6、栗東・高橋義忠厩舎)が、直線の最終障害を越えてから一気に脚を伸ばし、好位追走から一旦先頭に立っていた1番人気エーシンホワイティ(牡7、栗東・松元茂樹厩舎)をゴール寸前で捕らえ、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは3分27秒1(良)。

 さらに2.1/2馬身差の3着に5番人気オースミムーン(牡5、栗東・小野幸治厩舎)が入った。なお、2番人気アポロマーベリック(牡5、美浦・堀井雅広厩舎)は6着、3番人気ケイアイドウソジン(牡8、美浦・田村康仁厩舎)は8着に終わった。

 勝ったサンレイデュークは、父デュランダル、母サンレイククイン、その父Cozzeneという血統。昨日の毎日王冠で11番人気ながら2着と好走したサンレイレーザーは本馬の半弟。通算26戦目(障害17戦目)での重賞初制覇で、鞍上の難波剛健騎手にとってもこれが初めての重賞勝利となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆サンレイデューク(牡6)
騎手:難波剛健
厩舎:栗東・高橋義忠
父:デュランダル
母:サンレイククイン
母父:Cozzene
馬主:永井啓弍
生産者:岡野牧場
通算成績:26戦4勝(重賞1勝)

 
 ツイッターの声
 

この記事の続きを読む

的場が下されたナヴィオン|いっくんで圧勝!!

的場が下されたナヴィオン|いっくんで圧勝!!
的場が下されたナヴィオン|いっくんで圧勝!!

<ききょうS>◇27日=阪神◇オープン◇芝1400メートル◇2歳◇出走11頭

 単勝1・5倍のナヴィオン(牡、橋口)が差し切った。

 五分のスタートを切り、道中は中団待機。勝負どころで鞍上がゴーサインを出すも、なかなか反応を見せず。直線半ばでようやくエンジンがかかった。

 半馬身差の辛勝に、福永騎手は「全然本気で走っていなかった。最後の最後でやっとハミをとった。賞金を加算できたし、これから良くなると思う」と話した。11月15日京都のデイリー杯2歳S(G2、芝1600メートル)から12月21日阪神の朝日杯FS(G1、芝1600メートル)を目指す。

 
ききょうSを圧勝したナヴィオン 

 
 
 

この記事の続きを読む

武豊、オールナイトニッポンゴールドいろいろなまとめ

武豊、オールナイトニッポンゴールドいろいろなまとめ
武豊、オールナイト日本ゴールドいろいろなまとめ

 日本中央競馬会(JRA)の武豊騎手(45)が26日放送のニッポン放送「武豊のオールナイトニッポンGOLD」(後10・0)でラジオパーソナリティーに初挑戦することが22日、分かった。騎手がDJを務めるのは同局史上初。この日収録に臨んだ武騎手は、競馬愛に加えて“まゆゆ愛”を激白し、「ディープなインパクトは残せた」とゴキゲンだった。

 JRAが誇る名ジョッキーは、ディスクジョッキーをやらせてもやはり一流だった。

 「“ディープ(深い)なインパクト(印象)”は残せたと思う。いい経験になりました」

 主戦騎手としてGI7冠に輝いた最強の相棒、ディープインパクトにひっかけて、武騎手が会心の笑みをみせた。

 今年はJRAが創立60周年。41年にわたり、競馬番組「日曜競馬ニッポン」(日曜後2・30)を放送するニッポン放送も開局60周年を迎えたことから、こんな夢のコラボが実現。同局のオファーに、トップジョッキーも「新しいファン層の開拓になれば」と引き受け、ラジオの“GIレース”となる同局看板番組への出演が決まった。

 この日行われた収録では、武騎手が1時間半にわたってその競馬愛を語り尽くした。忘れられないレースに1990年、2006年の有馬記念などを挙げ、それぞれで有終の美を飾ったオグリキャップ、ディープインパクトとの思い出を振り返るなど、貴重なトークが満載だ。

 希代の勝負師は、リスナーの「泣くことはありますか?」の質問に、「競馬ではウルッとなったこともないけど、最近はAKB48選抜総選挙のまゆゆ(渡辺麻友=20)のスピーチでグッときたね」と明かすなど、意外な?一面も披露。

 収録を終えた武騎手は「馬の上に乗っているよりも緊張する」と照れ笑いを浮かべたが、自身のデキには満足げ。次回の出演依頼は拒否しつつも「まゆゆと一緒だったら(笑)」とまんざらでもない様子だった。

 

 

 2chSCの声

 1:2014/09/23(火) 05:10:53.66 ID:

武豊騎手が初DJ!26日オールナイトニッポンで競馬愛を語る!!
http://www.sanspo.com/geino/news/20140923/oth14092305030001-n1.html

日本中央競馬会(JRA)の武豊騎手(45)が26日放送のニッポン放送「武豊のオールナイトニッポンGOLD」(後10・0)で
ラジオパーソナリティーに初挑戦することが22日、分かった。騎手がDJを務めるのは同局史上初だ。

今年、JRAが創立60周年、41年にわたり「日曜競馬ニッポン」(日曜後2・30)を放送する同局も開局60周年を迎えたことから、コラボが実現。
同局のオファーにトップジョッキーも「新しいファン層の開拓になれば」と引き受け、ラジオの“GIレース”ともいえる同局の看板番組への出演が決まった。

同番組は、武騎手が競馬愛を語り尽くす1時間半。忘れられないレースに1990年、2006年の有馬記念などを挙げ、
それぞれ有終の美を飾ったオグリキャップ、ディープインパクトとの思い出を振り返るなど、貴重なトークが満載。

リスナーの「泣くことはありますか?」の質問には「競馬ではウルッとなったこともないけど、最近はAKB48選抜総選挙のまゆゆ(渡辺麻友=20)のスピーチでグッときたね」と明かすなど、意外な?一面も披露。

22日に収録を終えた武騎手は「馬の上に乗っているよりも緊張する」と照れ笑いを浮かべたが、「“ディープ(深い)なインパクト(印象)”は残せたと思う。いい経験になりました」と満足げ。
次回の出演依頼は拒否しつつも「まゆゆと一緒だったら(笑)」とまんざらでもない様子だった。

5:2014/09/23(火) 05:27:34.40 ID:

引退近いな
7:2014/09/23(火) 05:55:03.18 ID:

タレント活動模索待ったなしだな。
一応事務所にも入ってるし、
競馬系スポーツコメンテーター、時々バラエティ、ドラマとか出そう。

この記事の続きを読む

佐藤哲三引退のまとめ

佐藤哲三引退のまとめ
佐藤哲三引退のまとめ
ヤフーニュース

 落馬負傷で長期休養をしていた佐藤哲三騎手(44)=栗東・フリー=が16日、大阪市内で会見し、現役を引退することを明らかにした。一昨年の京都競馬で落馬負傷し、復帰を目指してリハビリを続けてきたが、現役続行を断念。26年の騎手生活に別れを告げる。今後は元ジョッキーの経験を生かし、競馬ファンの拡大に尽力していく予定だ。

 勝負師が静かにステッキを置く。落馬負傷で長期休養中の佐藤哲が10月12日で現役を引退する。「復帰という形でファンの期待に応えられなかったのは申し訳ない。でも、ずっといい騎手になろうと思って一生懸命やってきた。楽しかったです」。穏やかな表情で26年の騎手生活を振り返った。

 生死の境をさまようほどの事故だった。12年11月24日の京都競馬10R。最後の直線の入り口でバランスを崩して落馬、内柵に激突し、左上腕骨など数カ所を骨折した。

 不屈の精神で計6回の大手術に耐え、リハビリを続けてきたが、今年1月、引退の2文字が頭をよぎった。15時間にも及んだ5回目の手術後だった。「どこかで諦めないと、と思った。年齢的にもね…」。動かない左手を見て心は揺らいだ。

 復帰断念を決定的にしたのは7月30日。大山ヒルズ(鳥取県)に、デビュー時に手綱を取ったキズナの様子を見に行ったときだった。「キズナが甘える姿を見て“かわいい”と思ってしまった。それで、もう(馬を調教する)仕事は無理だと思った」。シビアに馬づくりをするうえで、マイナスとなってしまう感情の芽生え‐。苦渋の決断に至った。

 89年に騎手デビュー。積極果敢な騎乗は、多くのファンから支持されていた。「ベストレースは(11年)宝塚記念のアーネストリー」と振り返った。

 今後は元騎手としての経験を生かし、地方のWINSなどを回って競馬ファン拡大に努めるつもりだ。「外からJRAを盛り上げたい。調教師になるという選択は…気持ちの片隅にはあるけど、まずは与えられた仕事をやっていきたい」。第2の競馬人生に向けて口元を引き締めた。

 

佐藤哲三引退…

自身が語った思い出の5レース

00年皐月賞

 

02年アルゼンチン共和国杯

 (動画無しですみません)

 

03年ジャパンカップ

 

 

09年ジャパンカップダート

 

 11年ジャパンカップダート

 

11年宝塚記念

 

 

 

 

 

この記事の続きを読む