競馬騎手.com

競馬騎手.com

競馬の騎手についてのまとめです。騎手データや騎手の2ch記事などを独自の観点で作り込んでいます。

記事一覧

嘉藤貴行で5着になった号泣。。。まとめ

嘉藤貴行で5着になった号泣。。。まとめ

嘉藤貴行で5着になった号泣。。。まとめ

 

ダービーにコメート(牡3歳、美浦・土田稔厩舎)で参戦した嘉藤貴行騎手。結果は5着だったが、

差し、追い込み馬が上位を占めた展開で、3番手から踏ん張った内容は評価できる。

レースを振り返り「最後は一杯になりながらも、本当に頑張ってくれました」とパートナーの根性をたたえた。(小林正明)

 

弥生賞では話題ににあがった

 「弥生賞・G2」(8日、中山)

 デビュー16年目の嘉藤貴行騎手(33)=美浦・フリー=が、これまで5戦全ての手綱を取るコメートで、人馬そろっての重賞初Vを狙う。

 あるレースでの騎乗が、コンビ結成のきっかけになった。コメートと同馬主のアンズチャンが500万下を制した昨年5月の東京戦で、嘉藤は同じオーナーのチーフテンに騎乗。16頭立て16番人気の同馬を8着に持ってきた。「その騎乗ぶりをとても評価してくれまして。その縁もあって、デビュー戦からコメートの騎乗依頼を頂きました。本当にありがたいことです」と感謝の気持ちを口にする。

 前走のホープフルSは2着に敗れたものの、3着馬の猛追を鼻差しのぎ、賞金加算に成功した。「あの鼻差は大きかったですね」と満足感を漂わせる一方で、「勝ち馬に寄られる不利がなければ、もっと際どかったかも」とVを逃した悔しさもにじませる。それだけに“トライアルで結果を出してクラシックへ”という思いは強い。

 クラシックは02年菊花賞で一度だけ経験済み。「歓声がすごくてさすがG1といった感じでした」と、マイネルアムンゼンで14着に敗れた当時のほろ苦い思い出を振り返った。

 昨夏のデビュー以降、一歩ずつ階段を駆け上がってきた。最終追い切りで出来の良さも確認済み。「馬を信じて乗るだけ。チャンスはあると思います」と手応えを持ってレースに向かう。

この記事の続きを読む

日本ダービー前日の騎手談話まとめ

日本ダービー前日の騎手談話まとめ

日本ダービー前日の騎手談話まとめ

 

1番人気ドゥラメンテ・デムーロ

 【ミルコに聞く】

 ――追い切りの感触は?

 3頭で併せてプレッシャーをかけるイメージだったが、道中の感じが良かった。凄くいい状態。

 ――馬場入り直後は大きく首を振っていたが。

 皐月賞の追い切りの時よりはおとなしかった。以前のようにコース入りで立ち止まったりせず、スムーズになっていた。

 ――その皐月賞は強い競馬だった。

 3コーナーまではいい手応え。4コーナーでは困ったが、直線はびっくりするほどの伸び。あれほど速い脚は初めて。

 ――今回はどう乗る?

 1~2コーナーだけは気をつけたい。みんながポジションを探すので、たまにぶつかったりする。テンションが高くなる馬なので、スムーズに走らせることが一番大事。後方になっても、落ち着いていれば大丈夫。凄い脚があるからね。

 
2番人気リアルスティール・福永祐一
 

この記事の続きを読む

宝塚記念【2015年】の角居厩舎は5頭の出走予定が・・・?

宝塚記念【2015年】の角居厩舎は5頭の出走予定が・・・?
宝塚記念の角居厩舎は5頭の出走予定が・・・?

 29日、2014年ジャパンCなどGI2勝のエピファネイアが栗東トレセンの角居厩舎に帰厩した。

 戻ったエピファネイアの様子を確認した角居師は「太くはないですし、まぁまぁです」と話した。

 宝塚記念の鞍上は福永祐一騎手を予定している。

 なお、角居厩舎は宝塚記念にラキシス(鞍上はルメール騎手)、ディアデラマドレ(鞍上は藤岡康太騎手)、デニムアンドルビー(鞍上は浜中俊騎手)の参戦を表明している。

 来週の鳴尾記念の結果次第ではエアソミュールも加わり、5頭で挑む見込みだ。

(取材・文・写真:花岡貴子)

 
角居厩舎が宝塚記念に5頭出走予定が
 

この記事の続きを読む

10年11ヶ月ぶり、JRAで女性騎手が勝利

10年11ヶ月ぶり、JRAで女性騎手が勝利
10年11ヶ月ぶり、JRAで女性騎手が勝利
ターフビジョン

ターフビジョン
ターフビジョン サイト情報

サイト名:ターフビジョン
URL:http://turf-v.jp/
電話番号:03-6300-0942
メールアドレス:info@turf-v.jp
販売業者:株式会社TYコーポレーション

17日、日曜新潟メーンの赤倉特別(4歳上1000万下、芝外1800メートル)でショウナンマルシェに騎乗したリサ・オールプレス(39)が優勝した。JRAでの女性騎手の勝利は04年6月20日の福島(3歳上500万下=ダイワメンフィス)での牧原(増沢)由貴子以来、約10年11か月ぶり。

 オールプレス騎手「お世話になっている二ノ宮厩舎の馬で勝つことができて非常にうれしいです。新潟大賞典のナカヤマナイト、昨日(16日)5Rのヒアカムズザサンの2回、2着があり、悔しい思いをしたので感激もひとしおです」

 

 

 ニュージーランドのリサ・オールプレス騎手(39)が17日、新潟11Rのショウナンマルシェで今回の来日での初勝利を挙げた。2度目の短期免許での騎乗で、前回の2002年には4勝をマーク。JRA平地レースでの女性騎手の勝利は04年6月20日の福島7R(ダイワメンフィス)の牧原由貴子以来。外国人女性騎手の勝利は03年3月29日の中山9RペガサスジャンプS(ギルデッドエージ)のロシェル・ロケット(ニュージーランド)以来。「お世話になっている二ノ宮厩舎の馬で勝つことができたし、新潟大賞典のナカヤマナイトなど2着で悔しい思いをしていたので喜びもひとしおです」とオールプレス騎手。

 

 

<赤倉特別>◇17日=新潟◇1000万◇芝1800メートル◇4歳上◇出走11頭

 リサ・オールプレス騎手(39=ニュージーランド)が新潟11Rをショウナンマルシェ(牡4、二ノ宮)で1着となり、女性騎手のJRA勝利は04年牧原由貴子以来約11年ぶりとなった。

 「お世話になっている二ノ宮厩舎の馬で勝てて非常にうれしい。ナカヤマナイトなどで2回2着があって悔しい思いをしていたので、感激もひとしお」と喜んだ。自身は旧姓リサ・マンビーとして02年に初来日して以来、JRA通算5勝目。

 

レースリプレイ

赤倉特別-2015年

 

1着 ショウナンマルシェ オールブレス

2着 カレンケカリーナ 津村明秀

3着 シルクブルックリン 長岡禎仁

 

盛岡でも騎乗するらしい

 

ツイッターの声

 

この記事の続きを読む