カテゴリー:引退騎手
ホームPage 3 / 3123
梶騎手引退いろいろなまとめ
  • LINEで送る

梶騎手引退いろいろなまとめ

 梶晃啓騎手(33)=美浦・田村厩舎=が今年のJRA騎手免許を更新せず、現役を引退することが29日、分かった。騎手免許は2月28日まで有効だが、第2の人生に向けた準備を進めるため、今週の美浦トレーニングセンターでの調教を最後にムチを置く。18日の中京11Rで騎乗したジョーオリオン(12着)がラスト騎乗で、2000年3月のデビューから15年間でJRA通算79勝を挙げた。梶は「人にも馬にも恵まれ、所属する調教師にもいろいろお世話になって感謝しています。充実した騎手生活を送ることができました」と関係者への謝意を口にしていた。

 

 

この記事の続きを読む

中央競馬騎手を引退する中舘英二騎手のまとめ

 JRA通算1823勝の名手がステッキを置く。3月から調教師に転身する中舘英二騎手(49)=美・フリー=が、今週の中山競馬で騎手として最後のレースに臨む。「逃げの中舘」として知られ、数々の名勝負を繰り広げてきた名騎手の最後の手綱さばきに注目だ。なお、25日の中山競馬場で最終レース終了後にウイナーズサークルで引退式を行う。

 女傑ヒシアマゾンや、大逃げでスタンドを沸かせたツインターボとのコンビで名をはせた中舘騎手が、31年間の騎手生活に別れを告げる。

 「ここまで続けられるとは、思ってもみなかった。VTRをみて、本当に下手だなと思うレースが何度もあったから」と振り返る。思い出の馬には、デビュー3年目にクラシックに挑戦したアサヒエンペラー(皐月賞、ダービーともに3着)を挙げた。「皐月賞なんて、ひどい競馬だった。怒られて当然」。重賞は勝てなかったが、この馬を通じて多くのことを学び、成長してきた。

 「感慨に浸っている間もない状態です。やることがいっぱいで」。2月28日まで騎手として騎乗できるのだが、3月の厩舎開業の準備のため約1カ月早く退くことを決めた。

 調教師試験に専念するためレースからは遠ざかっており、実戦での騎乗は昨年5月25日以来。それでも調教には騎乗しており心配はない。「最後はファンの人たちに見てもらいたかったので、スーツ姿での引退は考えていなかった。自分らしい競馬ができれば。日程のことも考えてデビューした中山で」と、勝負服姿で引退することにこだわった。

 最終週は土日の4鞍。「久しぶりに競馬に乗るのに、こんなに多くの騎乗馬がいて、感謝しています」。逃げの名手としても知られるが、「逃げる? それは言えません。陣営からの指示もあるので」。名手はラストウイークでも手の内を明かさない。

 「皆さんにかわいがられ、人に恵まれてここまできた。調教師になったとき、(自分を見守ってくれた人たちのように)大きな気持ちでいられるか、それが課題」。小さな大騎手のラストライドを目に焼き付けておきたい。 (芳賀英敏)

★中舘厩舎開業まで

 3月1日に美浦で厩舎を開業するため、引退式のあとの約1カ月間は開業準備に追われる。「毎週ではないけれど、北海道の牧場にも顔を出しています」。現在のところ、引き継ぐ厩舎、スタッフは確定していないが「騎手としての実績は関係なく、ゼロから。衝突することもあると思うが、みんなで協力してやっていかなくてはいけない。来てくれるスタッフには感謝の気持ちで」とチームワーク重視の厩舎を目指す。

★引退調教師

 2月いっぱいで定年を迎え、引退する調教師は8人。美浦は鈴木康弘、畠山重則、大久保洋吉の各調教師で栗東は梅内忍、小野幸治、梅田康雄、境直行、白井寿昭の各調教師。今年は2月28日(土)が最後の競馬となる。

■中舘 英二(なかだて・えいじ)

 1965(昭和40)年7月22日生まれ、49歳。東京都出身。84年3月、騎手免許を取得して美浦・加藤修甫厩舎からデビュー(現在フリー)。2005年から09年まで5年連続で100勝以上をマーク。22日現在、JRA通算1823勝(歴代9位)。重賞は93年阪神3歳牝馬S(ヒシアマゾン)、94年エリザベス女王杯(同)、07年スプリンターズS(アストンマーチャン)のGI3勝を含む30勝。1メートル52、50キロ。血液型A。

 
過去の重賞勝ち馬
日付 開催 レース名 馬名 性別 年齢 斤量 頭数 馬番 人気
11年 東京 府中牝馬 イタリアンレッド 5 55 16 13 5
11年 中山 七夕賞 イタリアンレッド 5 52 17 15 7
10年 福島 福島牝馬 レジネッタ 5 54 16 8 5
09年 中京 愛知杯 リトルアマポーラ 4 56.5 18 6 4
08年 中京 中京記念 タスカータソルテ 4 56 18 2 6
08年 小倉 小倉大賞典 アサカディフィート 10 57.5 16 15 6
07年 福島 福島記念 アルコセニョーラ 3 51 16 4 5
07年 中山 スプリンターズS アストンマーチャン 3 53 16 7 3
05年 中京 ファルコンS カズサライン 3 57 18 17 13
04年 新潟 新潟記念 スーパージーン 6 56 13 8 3
04年 中山 中山金杯 アサカディフィート 6 55 16 7 4
01年 中京 中日新聞杯 グランパドドゥ 4 52 10 3 5
01年 中山 マーチS アイランドオオジャ 5 54 16 14 7
01年 中山 中山金杯 カリスマサンオペラ 4 50 16 11 8
00年 中京 中日スポーツ ユーワファルコン 3 55 18 14 13
98年 福島 福島記念 オーバーザウォール 4 51 11 3 3
95年 京都 京都大賞典 ヒシアマゾン 4 57 13 8 1
95年 中山 セントライト記念 サンデーウェル 3 56 12 10 7
95年 中山 オールカマー ヒシアマゾン 4 57 10 2 1
95年 京都 京都牝馬 システィーナ 6 55 16 4 1
94年 京都 エリザベス女王杯 ヒシアマゾン 3 55 18 6 1
94年 阪神 ローズS ヒシアマゾン 3 55 15 8 1
94年 中山 クイーンS ヒシアマゾン 3 54 11 7 1
94年 東京 ニュージランドT ヒシアマゾン 3 54 9 4 1
94年 中山 クリスタタルC ヒシアマゾン 3 53 14 6 1
94年 東京 クイーンC ヒシアマゾン 3 55 13 6 1
93年 阪神 阪神3歳牝馬 ヒシアマゾン 2 53 15 3 2
93年 中山 オールカマー ツインターボ 5 56 13 11 3
93年 福島 七夕賞 ツインターボ 5 55 16 16 3
92年 中山 フラワーC ブランドアート 3 53 14 12 10

 

 強かった、ヒシアマゾン

 
 
 
佐藤哲三引退のまとめ
ヤフーニュース

 落馬負傷で長期休養をしていた佐藤哲三騎手(44)=栗東・フリー=が16日、大阪市内で会見し、現役を引退することを明らかにした。一昨年の京都競馬で落馬負傷し、復帰を目指してリハビリを続けてきたが、現役続行を断念。26年の騎手生活に別れを告げる。今後は元ジョッキーの経験を生かし、競馬ファンの拡大に尽力していく予定だ。

 勝負師が静かにステッキを置く。落馬負傷で長期休養中の佐藤哲が10月12日で現役を引退する。「復帰という形でファンの期待に応えられなかったのは申し訳ない。でも、ずっといい騎手になろうと思って一生懸命やってきた。楽しかったです」。穏やかな表情で26年の騎手生活を振り返った。

 生死の境をさまようほどの事故だった。12年11月24日の京都競馬10R。最後の直線の入り口でバランスを崩して落馬、内柵に激突し、左上腕骨など数カ所を骨折した。

 不屈の精神で計6回の大手術に耐え、リハビリを続けてきたが、今年1月、引退の2文字が頭をよぎった。15時間にも及んだ5回目の手術後だった。「どこかで諦めないと、と思った。年齢的にもね…」。動かない左手を見て心は揺らいだ。

 復帰断念を決定的にしたのは7月30日。大山ヒルズ(鳥取県)に、デビュー時に手綱を取ったキズナの様子を見に行ったときだった。「キズナが甘える姿を見て“かわいい”と思ってしまった。それで、もう(馬を調教する)仕事は無理だと思った」。シビアに馬づくりをするうえで、マイナスとなってしまう感情の芽生え‐。苦渋の決断に至った。

 89年に騎手デビュー。積極果敢な騎乗は、多くのファンから支持されていた。「ベストレースは(11年)宝塚記念のアーネストリー」と振り返った。

 今後は元騎手としての経験を生かし、地方のWINSなどを回って競馬ファン拡大に努めるつもりだ。「外からJRAを盛り上げたい。調教師になるという選択は…気持ちの片隅にはあるけど、まずは与えられた仕事をやっていきたい」。第2の競馬人生に向けて口元を引き締めた。

 

佐藤哲三引退…

自身が語った思い出の5レース

00年皐月賞

 

02年アルゼンチン共和国杯

 (動画無しですみません)

 

03年ジャパンカップ

 

 

09年ジャパンカップダート

 

 11年ジャパンカップダート

 

11年宝塚記念

 

 

 

 

 

この記事の続きを読む

伝説の騎手ー岡部幸雄
  • LINEで送る

伝説の騎手ー岡部幸雄

伝説の騎手、岡部幸雄(1) 

 
伝説の騎手、岡部幸雄(2) 

 
 
 岡部幸雄氏のG1勝利
1986年
 
日付 レース名 馬名 性別 年齢 斤量 頭数 馬番 人気 芝・ダ 距離
02年 天皇賞秋G1 シンボリクリスエス 3 56 18 8 3 2000
01年 JCDG1 ウイングアロー 5 57 16 6 4 2100
00年 NHKマG1 イーグルカフェ 3 57 18 12 2 1600
98年 マイルチG1 タイキシャトル 4 57 13 9 1 1600
98年 安田記念G1 タイキシャトル 4 58 17 2 1 1600
98年 フェブラG1 グルメフロンティア 6 57 16 6 6 1600
97年 スプリンG1 タイキシャトル 3 55 16 16 1 1200
97年 安田記念G1 タイキブリザード 6 58 18 10 1 1600
97年 高松宮杯G1 シンコウキング 6 57 18 4 6 1200
97年 フェブラG1 シンコウウインディ 4 56 16 8 6 1600
96年 マイルチG1 ジェニュイン 4 57 18 14 1 1600
95年 朝日杯3G1 バブルガムフェロー 2 54 12 4 1 1600
95年 皐月賞G1 ジェニュイン 3 57 18 6 3 2000
94年 宝塚記念G1 ビワハヤヒデ 4 56 14 13 1 2200
94年 天皇賞春G1 ビワハヤヒデ 4 58 11 11 1 3200
93年 マイルチG1 シンコウラブリイ 4 55 15 5 1 1600
93年 菊花賞G1 ビワハヤヒデ 3 57 18 7 1 3000
92年 JCG1 トウカイテイオー 4 57 14 14 5 2400
91年 菊花賞G1 レオダーバン 3 57 18 18 3 3000
90年 天皇賞秋G1 ヤエノムテキ 5 58 18 7 3 2000
89年 安田記念G1 バンブーメモリー 4 57 18 14 10 1600
88年 有馬記念G1 オグリキャップ 3 55 13 10 2 2500
86年 天皇賞春G1 クシロキング 4 58 16 3 3 3200
86年 皐月賞G1 ダイナコスモス 3 57 21 19 5 2000
ホームPage 3 / 3123