カテゴリー:細江純子元騎手
細江さん…ますます下ネタマックス
  • LINEで送る
細江さん…ますます下ネタマックス

 

1

:2016/04/22(金) 17:23:40.24 ID:

41歳にもなると、白髪がすごい。
以前はコメカミあたりに数本だった白い毛が、今やどこでもコンニチワ状態。
そろそろ染めなきゃな~と思うものの、2歳半になる息子がいまだ授乳中ゆえ、なかなか踏み切れないのです。よって、「そろそろオッパイやめようか。お友達のリンちゃんもショウマ君も飲んでいないよ。飲むのは赤ちゃんだけ」と諭すと、
少し考えたのち、「う~ん、ちょっとだけ」と。そのカワユサに胸を差し出すと、「ママのオッパイ食べちゃおう」と言ってカワユイお口でチクビをカポッとほおばる息子。41歳の黒ビタチクビを求める男は、この世に息子しかおらず、
結果、授乳をやめられないのは息子ではなく、私のほうかもしれない‥‥。

こんなネタを書くと、またI騎手に「オバサンのチクビなんぞ誰も想像したくない。
もう少し競馬に関する内容をきちんと書け」と諭されそうな気がするので、最後に週末行われる重賞の話題を。

http://asageifuzoku.com/h/post/20808/

15:2016/04/22(金) 17:46:13.83 ID:

>>1
クソワロタwww

47:2016/04/22(金) 19:01:50.71 ID:

>>1
いつも思うが、何がこの人をここまで駆り立てるんだろうな

50:2016/04/22(金) 19:56:02.65 ID:

>>1
これマジで細江が書いてんのかよ

この記事の続きを読む

細江純子氏…コラムで福永祐一批判???

 

 

 

1:2016/04/01(金) 12:54:49.55 ID:

 そしてドバイ中継を見ていて1番感じたことは、今までもそうだと思って競馬を見てきましたが、「馬は最終的には人である」ということを再確認するものでした。

自分の考えを述べすぎると批難批評と誤解を生じてしまう危険性もあるので深くは書きませんが、馬は正直な生き物であり、大事なことは携わる人がどう理解し、対応し、接し、騎乗するか? なのでしょう。

特に中距離以上ともなれば、それが1番大事なこと。考えさせられるものでした。

それにしてもリアルスティールにおいては、会員の皆様が何よりも救われたことでしょう。G1を勝てそうで勝てなかった状況の中、海外でのG1制覇。しかもあの内容。本当に良かったです。
!extend:checked:vvvvv:1000:512

14:2016/04/01(金) 13:01:19.38 ID:

>>1
ビッグアーサーは短距離だから誰でも勝てたって言いたいのか?
22:2016/04/01(金) 13:02:55.18 ID:

>>1
先週の高松宮記念は誰でも勝てたって言いたいんだな
63:2016/04/01(金) 13:20:34.39 ID:

>>1捏造じゃん

[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンの舞台裏届けます!「ルメール&デムーロ 両外国人騎手の違い」
http://asageifuzoku.com/h/post/20763/
朝の取材中、ある人が「競馬も相撲の世界になりつつあるなぁ」とつぶやくと、
「そうだよなぁ。今年の騎手リーディングはルメール騎手かデムーロ騎手だろうね。ケガさえなければ」と返答。
3月中旬(21日)時点で、ルメール騎手が48勝、デムーロ騎手が46勝と、すでに50勝近く上げているわけですから
このペースでいけば、ともに200勝超えもありえてしまうのかも?
となると話題は「では、どちらが勝利数におけるトップになるのか?」という展開に。
そういえば先日も某雑誌社の方から「ルメール騎手とデムーロ騎手の違い」について聞かれましたが、
2人の性格は真逆と言っても過言ではないほど対照的なもの。
いつも温度が一定で穏やかな雰囲気のルメール騎手に対し、
感情が豊かで、その感情しだいでどこまでも上昇していく力を持つ半面、繊細でナイーブな面も兼ね備えているのがデムーロ騎手。
ですので、総合力としてルメール騎手のほうが安定した成績を収められそうな気がして、
リーディング獲得という意味ではルメール騎手に分があるように感じます。
逆に、集中した時や波に乗った時の爆発力はデムーロ騎手ゆえ、
GⅠといった大舞台での活躍という意味では、デムーロ騎手となる気が個人的にはしています。
さて、好メンバーのそろった大阪杯。
そのデムーロ騎手がラブリーデイに騎乗しますが、本命は、使われているアンビシャスに。
それでは皆さん、週末は競馬場、もしくは「みんなのKEIBA」(フジテレビ系)でお会いしましょう。ホソジュンでしたぁ。

この記事の続きを読む